Photo by GettyImages
金融・投資・マーケット 防衛・安全保障

ダボス会議で世界の経済人たちが「今年一番心配なこと」と答えたもの

金融危機にかわりランクイン

トランプがゲストの「ダボス会議」で一番の話題は…

1月23日に始まった世界経済フォーラム(WEF、通称「ダボス会議」)の年次総会は、最終日の26日午後(現地時間)にゲストスピーカーとしてドナルド・トランプ米大統領を迎える。

スティーブン・ムニューシン財務長官、ウィルバー・ロス商務長官、ロバート・ライトハイザー米通商代表部(USTR)らは大統領より1日早くダボス入りした。

大統領専用機(エアフォースワン)で大統領に同行したのはキルステン・ニールセン国土安全保障長官、アレクサンダー・アコスタ労働長官、ジャレッド・クシュナー大統領上級顧問など。

[写真]1月25日、開会3日目のダボス会議の会場に到着したトランプ大統領(Photo by GettyImages)1月25日、開会3日目のダボス会議の会場に到着したトランプ大統領(Photo by GettyImages)

別途ダボス入りしたジョン・ケリー大統領首席補佐官、ゲイリー・コーン国家経済会議(NEC)委員長、レックス・ティラーソン国務長官はダボス会議には参加せず、各国の主要参加者と非公式の会談を行った。

トランプ政権丸ごとがダボスに移住した様相だ。

旧知の英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)のジリアン・テット米国版編集長は1月19日付(電子版)に「Populist swing alarms financial titans(ポピュリスト躍進に怯える金融界)」と題し、

<数年前には、ほとんど評価されていなかった別の脅威は戦争だ。インパクトという点では、2018年の最大の危険と受け止められているのは、誰かが大量破壊兵器を使う事態だ>

と書いている。

 
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら
新生・ブルーバックス誕生!