Photo by iStock
学校・教育 ライフ

ADHDの息子に社会常識を教えるために使った「意外な方法」

まるで宇宙人に諭すように…

漫画家のかなしろにゃんこ。です。発達障害である“ADHD”と“軽い自閉スペクトラム症”を抱える息子・リュウ太も、早いもので現在19歳。この連載では、そんなリュウ太と過ごしてきたこれまでの“トラブルが絶えない日々”を振り返っております。

(前回までの記事はこちらから→http://gendai.ismedia.jp/list/author/nyankokanashiro

宇宙人に地球人の優しさを伝授せよ!?

発達障害がある子の育児は、「オモシロイ!」と思うことがたくさんあります。
いや、もちろん育てにくいですし、障害特性が原因でイライラさせられることが多くて大変!それでも「オモシロイ!」と肯定的に思えるようになってきたのは、息子が理屈を理解しはじめた小学校6年生頃からだったでしょうか。

小学校中学年頃までは、自分の話したいことは何時間でも話すのに、人の話を全く聞いてくれなかった息子。伝えたいことがあっても、意志の疎通すらうまくいかないもんですから、

「私は一生子どものことで悩み、苦しんで死んでいくんだわ…。あぁしんどい人生…」

なんて思っていたものです(涙)

そんなザルの耳を持つ息子でも、小学校高学年になって物事の道理が分かりはじめると、成長が見えはじめました。

そんな息子の成長を見守る日々は、誤解を恐れずにぶっちゃけるなら、

“愛について知らないヘッポコ宇宙人に、「地球人は思いやりや感謝を持って人と繋がり、支え合って暮らしているんですよ」と丁寧に教え込む日々“

といった感じでしょうか。失敗しながらも、徐々に地球に順応していく様がオモシロイんですよね。

ただし、宇宙人に地球の思いやりを教えるのには、少々コツがいります。

私が息子を宇宙人扱いしてしまうのは、教えたことや注意したことに

「オレにはその考えがないから分からないな」
などと、あり得ない反論をしてくるからです。

例えばある日、友だちとトラブルがあったという話をしてきたので

「周りにモンクばかり言っていないで、困っている人がいたら積極的に親切にしなさい」

と諭しました。すると息子は

「無条件に誰かに親切はできない!そんなの損じゃないか!」

と、損か得かというヘリクツで反論してきて、私をキレさせたんですよね(涙)

 

そこで私は、敢えて息子側の視点に立って、

「それは違う!人に優しくするのは得なことだ!」

という“損して得取れ”の話を、図で説明してみました。

「親切は巡りめぐって、数年後に何倍にもなって返ってくるもんだ。だから普段から人に優しくしなさい」

という話を図解したわけです。

「フンッ。そういうもんかね?」

と腕組して聞いていましたが、“お得”というキーワードを提示すると、少し耳を傾けてくれる息子なのでした。

新メディア「現代新書」OPEN!