〔PHOTO〕iStock
メディア・マスコミ 若者

いつの時代でも「若者の叩き方」を提示する、社会学者たちの功罪

問題を煽り、政府や広告代理店と共謀

時代をつくった「社会学者」

皆様は、論壇において一時代を築いた「社会学者」と聞くと誰を想像するでしょうか。

私の文章を読んでいる方なら、恐らく少なくない人が「宮台真司」と答えるかと思います。

宮台は、1990年代にいわゆる「ブルセラ論争」から1995年のオウム真理教事件、1997年の「酒鬼薔薇聖斗」事件、そして1998年の栃木県の教師刺殺事件など、そのときどきに手を変え品を変え、若い世代の「問題行動」を採り上げて、「いまの社会はこうだ」というものを提示してきました。

あるいは、若者の労働問題に関心のある人なら、私も名を連ねている『「ニート」って言うな!』(光文社新書、2006年)の著者のひとりである「本田由紀」、フェミニズムなら「上野千鶴子」、もしくは2010年代以降「若者代表」として売り出した「古市憲寿」などを挙げる人もいると思います。

〔PHOTO〕iStock

「パラサイト・シングル」「希望格差」「婚活」

ところで、「パラサイト・シングル」「希望格差」、そして「婚活」という言葉が、同じ社会学者によって作られた、もしくは広められたことをご存じでしょうか。

いずれも1990年代終わり〜2010年代における若い世代の現状を示す言葉として流通しました。その社会学者とは、山田昌弘・中央大学教授です。

これらの言葉が流行したことが示すように、山田はコピーライター的な能力の非常に高い社会学者と言えます。実際、Wikipediaには山田の肩書きとして「日本の社会学者・コピーライター」と書かれているくらいですから(2018年1月18日閲覧)。

山田が公式でコピーライターを名乗ったことは寡聞にして知りませんが、少なくとも近年の若者論における、一人のコピーライター的な存在として活躍したことは論を俟たないと思います。

一昨年、私は「現代ビジネス」に「マーケティング化する「若者論」の罪〜キャッチーに切り取れ、そうすれば金になる」(http://gendai.ismedia.jp/articles/-/48919)という文章を寄稿しました。

そのなかで、近年の若者論は、三浦展や原田曜平に代表されるマーケッターによって支配されていることを指摘しました。これらのマーケッターの態度は、三浦が次のように語っているようなものです。

 
「学問は予測してはいけない。でも、マーケティングは予測しなきゃいけない。社会が向かう方向を示すとき、学問は位置まで正確でないといけないが、マーケティングは、大体でいい。素早い意思決定のためにやっているんだから。

『下流』も、厳密な定義はなく、簡単に言えば『キーワード』。この言葉は、モヤモヤした世の中が、すっきり見える眼鏡であり、社会を考えるための武器」(2005年12月23日付東京新聞)
三浦氏本人は、調査分析の客観的な著述を書きたいがそれは売れない、ことに若者論に関してはバッシングのほうが絶対に売れるのだという。(略)マーケティング・アナリストと名乗っているからには、自分の本もこうすれば売れるよ、と見せておきたい、というのもある。そこで、「そんなゆるい生き方をしていると下流に落ちるぞ」という価値判断をすると、本は売れる。だから『下流社会』は意図的にバッシング気味に書いたという(是永論(代表研究者)『日本社会「劣化」の言説分析——言説の布置・展開およびその特徴と背景に関する研究(2008年度〜2010年度 科学研究費助成金 基盤研究(B) 研究成果報告書)』READ研究会、2011年3月)
新生・ブルーバックス誕生!