〔PHOTO〕iStock
メディア・マスコミ 日本 北朝鮮

東京ドーム周辺で開催「ミサイル避難訓練」の隠された狙い

政府はなぜ威力や恐怖を伝えないのか

北朝鮮の弾道ミサイル発射を想定した避難訓練が各地で実施されている。頭を抱えてしゃがみこむ訓練の様子も報道され話題となった。

1月22日には東京ドーム周辺でも避難訓練が行われる(東京都「弾道ミサイルを想定した住民避難訓練の実施について」)。

この訓練に意味はあるのか。無意味というだけでなく国民を統制する危険な動きではないだろうか。思考停止にならずに考えてみよう。

「近くで爆発が起きたらテレビを見よう」?

内閣府が作成した冊子「武力攻撃やテロなどから身を守るために」(2017年10月改訂版)には、身の回りで爆発が起きたときの対応法を次のように説いている。

拡大画像表示
(内閣官房「武力攻撃やテロなどから身を守るために」2017年10月改訂版)

とっさに姿勢を低くする、テーブルの下に隠れる、警察や消防の指示に従って落ち着いて行動する、テレビやラジオで行政機関からの情報収集に努める、というのが内閣官房の指示である。

遠くではなく「身の回り」での爆発が起きたとき、悠長にテレビを見ていられるだろうか。

文章だけでなく表紙にも挿絵にも緊張感がない冊子からは、爆発の威力や怖さが伝わってこない。

 

「核爆発が起きたら、目で見ないでね」?

この冊子には核爆発への対処法も書かれている。閃光や火球が発生した場合には目で見ないように、口と鼻をハンカチで覆って爆発地点から遠く離れましょう、と指示している。

拡大画像表示

(内閣官房「武力攻撃やテロなどから身を守るために」2017年10月改訂版)

あまりに非現実的な対処法に驚く。

核ミサイルは落下場所が予告されない。瞬時に爆発して閃光を発し、大量の熱線・爆風・放射線によって都市を破壊する。

「あっ、核爆発だ。見ないようにしよう」と思う暇などない。政府は国民に不可能なことを指示している。

新生・ブルーバックス誕生!