人口・少子高齢化 医療・健康・食 不動産

「憧れの世田谷」に取り残された、高齢者たちの残酷な現実

実は、日本の未来の姿がここにある

あなたが老後住む街の「本当のすがた」をレポートする、東京23区研究所(東京都渋谷区)と現代ビジネス編集部のコラボ連載。第四回は『世田谷ライフ』なる季刊誌が15年も続くほど人気のまち「世田谷区」で、高齢者たちが直面している残酷な現実についてお伝えしたい。<ここまでの連載内容はこちら>

東京23区で最も高齢化が進んでいるのは北区だ。2010年、15年の調査でいずれも第1位となっているものの、両年の高齢化率の差から求められる「高齢化進展度」は1.8ポイントで、わが国の平均(3.6ポイント)と比べると、高齢化の進行はまだ緩やかなほうである。

ところが、若い活力がみなぎる東京23区のなかに、高齢化進展度が国の平均に迫る3.3ポイントを示す区がある。世田谷区だ。2010年まで、同区の高齢化率は23区中20位前後で推移していたが、15年に11位へと急上昇した。

「憧れ」のなかで見落とされていたもの

リクルート住まいカンパニーの「みんなが選んだ住みたい街ランキング(関東版)」によれば、2017年の「住みたい行政区市」のトップは港区。世田谷区は第2位に名を連ねている。16年も同順位だったが、15年以前はずっと世田谷区が1位だった

世田谷には「憧れ」という言葉がよく似合う。平均所得水準は、都心3区(千代田、中央、港)と文京、渋谷、目黒に次ぐ7位。持ち家比率は葛飾、台東、荒川、足立の各区に次いで5位。核家族(夫婦のみ、夫婦と未婚の子、ひとり親と未婚の子の世帯)の持ち家比率に限ると2位。東部や下町に比べてはるかに地価が高いことを併せて考えると、資産面で東京のトップクラスに君臨する

少し古いデータになるが、2010年の国勢調査による世田谷区の大卒者の割合は、都心3区と文京区に次ぐ5位。男性に限ると中央区を抜いて4位となる。

専ら管理業務にあたる会社役員、ベンチャー企業のトップなど専門技術的な仕事を行う会社役員、大企業の部長職など専ら管理業務にあたる正社員を「エスタブリッシュメント3職種」と呼ぶと、その合計割合は所得水準と同じ顔ぶれに続く7位にのぼる。ひと言でまとめるなら、世田谷区は、高所得(高資産)、高学歴、高職種を兼ね備えた「三高のまち」と言える

世田谷区のショッピングモール家族で賑わう世田谷区のショッピングモール photo by gettyimages

加えて世田谷区は、専業主婦の割合が23区中2位と高い。いまでこそ隔世の感があるが、一世代前まで、専業主婦がいる家族は憧れのライフスタイルだった。

高度経済成長期に上京してきた団塊の世代は、男なら世田谷に家を持つことを、女なら世田谷で専業主婦になることを夢み、選ばれた人たちだけがその望みをかなえることができた。そしていま、彼ら彼女らの高齢化と歩を合わせるように、この老舗の高級住宅地で新たな問題が芽生え始めている。

 

「世田谷病」は生活習慣病

前回記事で報告したように、高齢者の就業率が高い区には、会社役員や自営業主など定年がない仕事に就いている人が多い区が並ぶ。ところが世田谷区は、定年がない人の割合が8位とかなり高いのに、高齢者の就業率は17位と低い。

また同じ記事で、高齢になっても働き続けようとするまちと、早々と引退しようとするまちが、環境によって分かれてくることも指摘した。一義的には、定年のある人が多いか少ないかによってその環境が決まってくるのだが、世田谷区では定年のある人がさほど多くないにもかかわらず、余生への引退が進んでいる。

世田谷区の高齢者に働こうとする意欲が低いことは、高齢になっても正社員で働く人(おそらくそのほとんどが再就職だろう)の割合が22位、シルバー人材センターへの登録率が23区最低という数字にも表れている。現役時代は高学歴を背景に会社役員などの高職種に就き、高所得を得ていた人たちが、「いまさら人に使われる身になれるか」とつぶやく声が聞こえてきそうではないか

老人クラブへの加入率が22位と低いのも同じ文脈で理解できる。

筆者の友人の父親は、大企業の重職を務めた人だった。定年してから家に引きこもりがちになった父親に対し、近所に囲碁を楽しむ高齢者の集まりがあることを耳にした友人は、「一度行ってみてはどうか」と勧めたそうだ。ところが、すかさず返ってきた言葉は「あんな奴らと碁が打てるか!」だったという。「三高」のプライドが、老後の生活をガンジガラメにしてしまった象徴的な逸話と言えないだろうか。

かつての栄光を捨てることができない結果が生み出す、一種の「生活習慣病」。私はそれを「世田谷病」と名づけることにした。

新生・ブルーバックス誕生!