サッカー

稲川朝弘が、指導者としての才能を開花させた瞬間

軽い気持ちで教えたクラブが…
このエントリーをはてなブックマークに追加

軽い気持ちで教えていたクラブが…

高校2年、稲川朝弘は愛知高校から日本大学藤沢高校に転校している。なぜこの学校を選んだのかと訊ねると、「テストなしで入れてくれるというので入った」と笑った。そしてサッカー部も強豪校のひしめく神奈川県の中では凡庸だった。
「結果も残していないから、大学から誘われることもなかった」
 
1年間の浪人生活を送り、82年4月、日本大学に入学した。浪人したことで体育会系のサッカー部へ入ることは諦めた。ただ、サッカーと離れるつもりはなかった。この時点ではJリーグは形にもなっていない。大学で教員の資格を取って、指導者になるつもりだった。
 
大学入学直後、人からの紹介で相模原市立大沼小学校の少年サッカーチームで教えている。

「近所だったから適当に教えに行っていただけなんですよ」
 
軽い気持ちで教えたそのクラブが神奈川県大会で決勝まで進出した。

「神奈川はチーム数が多くて、何回勝ったのかは分からないぐらい。それまでは少年サッカーのゴールだったのに、決勝だけ突然、成人用のゴールになった。相手に170センチぐらいのセンターフォワードがいて、彼に2点取られて負けてしまった。それがすごく納得できなかったんだよね」

 

指導者としての才を認められた稲川は、相模原市の小学生選抜チームの監督を任されることになった。
 
「また同時に中学生のサッカークラブを作ったんです。その当時、メトロポリタンリーグというのがあって、読売(クラブ)や三菱養和と試合をしていました」

最も印象に残っているのは読売である――。

「菊原(志郎)とか北澤(豪)がいた。志郎が14才で中二、キーちゃん(北澤)が1つ上だったかな。志郎たちは良かったけど、読売の奴らっていうのは本当にぶん殴ってやろうと思うぐらい激しかった。うちの選手が2人骨折させられたんです。正面から削ってきて、脛を折られた。

ただ、レベルは高かった。球際の強さは、ファウルすることも含めて上手かった。(読売の)大人たちとやることで学ぶものは大きいのだなと思いました。養和には勝つことはできたけど、読売にはどうしても勝てなかった。あのときの読売のジュニアユースは一番強かったと思いますよ」
 
“天才”として早くから将来を嘱望された菊原と稲川の人生がのちに交差することは後述する――。
 
大学3年生になる頃、母校である日大藤沢のコーチをやってみないかという話が来た。
 
この頃、稲川は自分なりのチームビルディング術を見つけつつあった。

「まずは(足下の)技術は大事。ただ、その技術の使い方を間違えていないかどうか。そして、そのポジションでいいかどうか。“お前のポジションって誰が決めたの”というところから始めた」
 
これまでのポジションを白紙に戻したのだ。 

「ぼくは(元オランダ代表のヨハン・)クライフ信者なんですけど、彼の言葉に“一番上手い選手がセンターフォワード”というのがある。明らかに上手い選手は前に置く

記事をツイート 記事をシェア 記事をブックマーク