格闘技

井岡一翔は、2年以内にリングに戻って来る

このまま終わるはずがない

「ゼロともいえません」

日本のプロボクシング界は年末にもっとも盛り上がる。12月29日から大晦日の間に世界戦ラッシュが繰り広げられるからだ。2015、16年には、それぞれ4つのビッグイベントが開催され、7つの世界タイトルマッチが行われた。

15年には、井上尚弥(大橋)、井岡一翔(井岡)、内山高志(ワタナベ)、田口良一(ワタナベ)、田中恒成(畑中)が王座防衛に成功。八重樫東(大橋)は3階級制覇を果たした。

16年は、井上、井岡、田口、八重樫が王座を防衛、小國以載(角海老宝石)が新チャンピオンに輝き、田中は2階級制覇を達成している。
 
だが昨年はイベント数、世界戦の数が、ともに減少した。2興行5試合。もちろん、これでも十分に多い。そのうえ、井上、田口の試合は見応えのあるものでファンを存分に満足させてくれた。特に今年からバンタム級に転向する“モンスター”井上のファイトは、さらに輝かしい未来の予感を伴うものだった。

 

その裏で気になることもあった。

井岡の引退発表だ。

大晦日、新横浜プリンスホテルで開かれた引退会見は、TBSで生中継された。

『RIZIN』(さいたまスーパーアリーナ)の取材を終えて帰宅した後に、この様子を録画で観たが、とても不自然な感じがした。

会見で井岡は言った。

「ボクシングを始めた時からの夢、3階級制覇を成し遂げることができたので、引退しようと決めました。満足しています」

そして、記者から「復帰することはないのか」と問われると、こう答えている。

「その想いがあれば、ここにはいません。ただゼロとも言えません」

新生・ブルーバックス誕生!