〔PHOTO〕gettyimages
メディア・マスコミ オリンピック 医療・健康・食

平昌五輪前に知っておきたい「ドーピングが今もなくならない理由」

いきすぎた競争主義に意味はあるか
スポーツ競技や五輪にはドーピングがつきものだ。ロシアが国ぐるみでドーピング問題を起こし、最近でもカヌー日本代表候補がライバルの飲み物に禁止薬物を混入するニュースがあった。なぜ、いまだになくらないのだろうか。

勝利への執着と薬物による増強

現代では、薬を飲むのは病気で患者になったときだけとは限らない。

医学技術の進展は、病気を治療するだけではなく、健康な人たちの性質を改良(増強:エンハンスメント)するためにも用いることができる。

1990年代から、病気治療を超えたエンハンスメント目的での医学技術の利用は医学界でも問題視されている(参照『脳のエシックス』)。

ただし、エンハンスメントそのものがすべて悪いという意味ではない。

たとえば、生活習慣の改善やサプリメント服用から美容整形手術まで含めてのアンチエイジングもエンハンスメントの一例だ。美容整形には賛否あるだろうが、すべてのアンチエイジングを否定する人もいないだろう。

身体能力を高めるエンハンスメントはスポーツに関わる場合、ドーピングと呼ばれて規制される。

また、薬物によって注意力や記憶力を向上させたり、落ち込んだ気分を改善させたりすることは認知的エンハンスメントや「脳ドーピング」とも言われる。

今回、取り上げたいのはスポーツとくに五輪でのドーピングの問題だ。

スポーツ選手にとって、勝利はもちろん重要だが、もしドーピングが発覚すれば競技生命を絶たれるというリスクもある。

にもかかわらずドーピングはなぜ行われるのだろうか?

〔PHOTO〕iStock

オリンピックとドーピング

来る2月に平昌で開催される冬期五輪では、国家ぐるみでのドーピング不正容疑のため、ロシアは国として参加することは不可能となった。

ただし、この国際オリンピック委員会の制裁があっても、ドーピングがないとの潔白が証明された選手に限っては国家代表ではなく個人としての参加は許されるという。

 

ドーピングとは、スポーツ競技の成績を向上させるため、薬物を使用したり、それ以外の方法を用いたりすることをいう。薬物としては、筋肉量を増大させるステロイド薬、覚せい剤の仲間の薬物(興奮剤)などがよく知られている。

薬物以外の方法としては、たとえば自分の血液を保存しておいて赤血球を自分に輸血する「血液ドーピング」がある。

これは、マラソンやノルディックスキーのような競技では赤血球を増やして血液の酸素運搬力を高め、競技での持久力を強化する目的で利用している。