Photo by iStock
野球

今年、大谷翔平と清宮幸太郎が何本ホームランを打てるか予想する

その他、今年は有望株が続々

「二刀流として獲った」

新年といって、特別な感慨をもよおすトシでもないが、たぶん今年はこれまで以上に大谷翔平の動向を気にしながら過ごすことになるんだろうなあ。

「ハーイ。マイネーム イズ ショウヘイ オオタニ」と、「タ」にしっかりとアクセントをおいて、軽やかに入団会見を始めた、あのエンゼルスの大谷である。

投手として、メジャーに通用することは、ほぼ間違いない。ダルビッシュ有や田中将大が通用して、大谷が通用しない理由をさがすほうが困難といっていいだろう。

問題は二刀流として、どうなるかだ。

伝えられるところによると、エンゼルスは二刀流としての大谷を獲得したので、その起用法も検討中らしい。まずは、それが本気であることを祈る。北海道日本ハム時代も、誰よりも栗山英樹監督が本気だったから二刀流が実現した。

 

MLBでも通用するスイング

メジャーでは昨年、アーロン・ジャッジ(ヤンキース)、ジャン・カルロ・スタントン(マーリンズ)という2人のホームラン王が誕生した。アメリカンリーグはジャッジが52本。ナショナルリーグはスタントンが59本である(スタントンは、今季、ヤンキースに移籍)。

2人とも、これぞまさにメジャーリーグという、怪物級のパワーヒッターだ。

もちろん、現時点で大谷はパワーの点で彼らに劣っているだろう。しかし、ホームランの軌道という意味では、決して負けていないのではないか。彼がこれまで見せてきたいくつかの大ホームランを思い出しながら、そう思う。

パワーよりもスイングの力で、アメリカのホームラン王に負けない大ホームランを打ってほしい。

では、昨年のWBCで話題になったメジャーの動くボールに対応できるのか。これは今や日本人打者の永遠の課題のようになっている。

たとえば有名なところではカブスの名将ジョー・マドン監督が「日本は、(略)足を高く上げ、地面に着くまでの時間が長いとアジャストが難しくなる」と指摘した(「日刊スポーツ」2017年12月28日付)。

この点から大谷を見てみると、右足をスッと上げてスッと着地させて、打ちに行く。たとえば、山田哲人(東京ヤクルト)や坂本勇人(巨人)のように「高く上げ」る感じではない。

左右の違いはあるが、往年のアレックス・ロドリゲスの足の上げ方に似ているような気がする。

つまり、メジャーのボールにも十分対応できる打者なのだ。

だからこそ、打者としていかに数多く出場できるかがカギになる。出続ければ、いずれ結果は出る。

10勝、3割、20本塁打くらいいってほしいものだ。

新メディア「現代新書」OPEN!