金融・投資・マーケット

新規上場マーケットを振り返ると見える「2017年日本経済の姿」

今年は2年ぶりに増加
このエントリーをはてなブックマークに追加

上場マーケットを総括!

1.新規上場社数は2016年の83社から90社と2年ぶりに増加。
2.2017年の大型上場はSGホールディングス(佐川急便)のみ。
3.時価総額、予想PER、株価騰落率はすべて上昇、その背景としては、発行体の堅調な業績

12月26日で2017年の新規上場案件が全て終了しました。

2016年に引き続き、2017年の新規上場マーケットの総括をしてみたいと思います。

新規上場社数は83社から90社に増加

過去10年の新規上場社数とその年の大納会の日経平均終値をグラフにしました。

2008年のリーマンショックを機に日経平均が大きく下がるのに比例し、2009年には新規上場社数は19社まで落ち込みました。それ以降、日経平均は東日本大震災の影響を受けるも、2015年までは新規上場社数は6年連続増加しましたが、2016年に7年ぶりの減少となりました。それが、2017年は90社に増加しました。

このグラフを見ると新規上場はやはりマーケット環境に大きく影響を受けると言ってよいでしょう。

 

但し、2017年は日経平均では過去10年で一番高かったのですが、新規上場社数は過去150社を超える水準にまで到達していません。個人的には、新規上場が 150社、200社という時代はもう来ないと考えています。この話はまた別の機会にしたいと思います。

【上場社数】

2017年の市場別の上場社数は、マザーズが49社と全体の半数以上となっていますが、従来のように3分の2以上を占める状態ではなくなりました。一方でジャスダックスタンダードが2016年の14社から19社に増加し、東証一部が8社から11社、東証二部が5社から6社と増加しました。これは発行体の利益額が大きくなって来ていることが要因と思われます。また、2017年は札幌アンビシャスに2社、名証2部に1社上場しましたが、これらの主幹事は全て岡三証券でした。

主幹事は野村の貫録勝ち

次に主幹事証券ですが、2017年は野村が27社と2位の大和の15社を大きく引き離し、貫禄の首位となりました。3位以降はみずほ、SMBC日興と続きますが、昨年は13社と大手の一角に切り込んだSBIが今年は8社。5社減少しました。また岡三が2016年のゼロから4社、三菱東京MS、いちよしが各々1社から4社となり、また東洋が1社など主幹事も多様化して来た年といえます。

記事をツイート 記事をシェア 記事をブックマーク