(提供/国立科学博物館)
ブルーバックス 歴史

ホモ・サピエンスが現われる前のアジアには誰がいたのか

こんな「小さな」人類も…!
このエントリーをはてなブックマークに追加

洞窟で見つかった「小さすぎる人類」

2016年4月、インドネシア・フローレス島の港湾都市ラブアンバジョで4WDの車をチャーターし、内陸部へと向かった。険しい山道を3時間以上も走ったあと、ふたたび平坦な土地に出ると、あたり一面の水田地帯だった。どこか懐かしい感覚を抱きつつしばらく走り、やがて目的地の丘にたどり着いた。

丘の中腹の道路脇に車を停めて5分もしないうちに、事前に連絡しておいた管理人がやってきた。

「ホビットに会いに来たんだろう? リャン・ブア洞窟の入り口はこっちだ」

そう言って、小道をすこし進んだ先にあるフェンスの鍵を開けてくれた。

目の前には崖があり、巨大な洞窟が口を開けていた。入り口の直径は、50メートルほどはあるだろうか。中に入ると、ひんやりしていて、車を降りて数分ほどでかいた汗がすっと引いた。「リャン・ブア」とは「涼しい洞窟」という意味であることを、さっそく体感した。

涼気がただようリャン・ブア洞窟

「ここだよ」と管理人がぼくを手招きする。

洞窟に入って左側の壁に近い区画だ。そのあたりだけ、地面の色が違う。いったん地面を掘ったあとで、埋め戻したためにこうなっている。つまり、ここが「発掘地」なのだった。

赤いTシャツ姿の管理人が発掘調査をした場所を指さす

「人類学史上最大級の発見」とすらいわれ、世界中にセンセーションを巻き起こした古代型人類。身長わずか1メートルあまりの「ホモ・フロレシエンシス」の化石が、2003年、この場所を約6メートル下に掘り進んだところで見つかった。

ホモ・フロレシエンシスの「ホモ」は、ぼくたちホモ・サピエンス(現生人類)と同じホモ属(ヒト属)であることを意味する。人口に膾炙(かいしゃ)した「ホビット」という愛称は、トールキンの『指輪物語』に登場する「小さな人」にちなんでいる。日本での一般的な呼称は、フローレス原人。

管理人が言う。

「彼らは1万8000年前まで、ここにいた」

残念ながら、それは現時点では間違った情報だ。2004年に出された化石発見を伝える論文にはそう書かれていたが、のちに再検討されて、年代はもうすこし古いことがわかった。発掘された地層の年代からいえば6万年前まで、同じ場所から出てくる石器を考慮すると5万年前まで、と今は考えられている。

とはいえ、700万年におよぶ人類の歴史のなかで「5~6万年前」はかなり最近のことだ。この時期なら、アフリカを出てここアジアまでやってきたホモ・サピエンスと、なんらかの接触があった可能性も否定できない。

彼らはかつて、ぼくたちにとって本当の意味での「隣人」だったのかもしれないのである。

 

洞窟から徒歩数分のところに小さな博物館があり、そちらにも立ち寄った。

民家のような、ささやかな展示施設だ。発掘されたフローレス原人の全身骨格模型が、ガラスキャビネットに入れられて展示されていた。

原人の化石としては稀有なほど保存状態はよかったが、それにしても小さい!

その前に立ったぼくは、あらためて衝撃に打たれた。

とにかく、小さい!

頭骨など、両手で持ったらすっぽり包み込めるのではないかと思えるほどだ。サイズ感としては、まさに「子ども」だった。

記事をツイート 記事をシェア 記事をブックマーク