Photo by GettyImages
オリンピック 週刊現代 韓国

平昌五輪まさかの中止という「最悪のシナリオ」実はあり得る

外国人が来てくれないかも…

ロシアが平昌オリンピックに参加できない――衝撃的なニュースが、スイスのIOC本部から飛び込んできた。だが実は、韓国はもっと深刻な問題を抱えていた。開幕まで2ヵ月を切った惨状をレポート。

呪われた大会

「ロシアによるドーピングと、その組織的隠蔽を重く受けとめ、ロシア・オリンピック委員会を資格停止とし、平昌オリンピックへの選手団派遣を禁止する。これは、オリンピックとスポーツに対する最大の侮辱だ……」

現地時間の12月5日夜、スイス・ローザンヌにあるIOC(国際オリンピック委員会)の理事会で、バッハ会長が、重々しい表情で宣告した。

ロシアは、'14年に地元ソチで開いた冬季オリンピックで、国別で最多となる13個の金メダルを獲得した。

今回の平昌でも、世界選手権2連覇中の「フィギュアの女王」メドベージェワ選手や、ロシア大陸間アイスホッケーリーグ(KHL)のドリーム・チームなど、金メダル候補がきら星の如くいる。

IOCは「個人での参加の道は開く」としているが、最終的な参加は不透明だ。

Photo by GettyImages IOC バッハ会長

実はこの「判決」によって、ロシア以上に深い失望感に包まれたのが、開催地の韓国だった。聯合ニュースは「最悪のシナリオ」と速報。KBSテレビは「平昌の興行に暗雲」と臨時ニュースを流した。

平昌オリンピックが「呪われた大会」と揶揄されているのは、何もロシアのドーピング問題ばかりが原因ではない。それ以上の懸念が、北朝鮮の暴発リスクだ。

米朝開戦の危機が日増しに高まっている状況下で、果たして「平和の祭典」であるオリンピックなど開けるのかという疑問が、世界各地で湧き上がっているのだ。

「平和の祭典オリンピックを開催することで、半島が平和であることを世界に示す」

文在寅大統領は、事あるたびにこう宣言してきた。

だが北朝鮮は、11月29日、これまでで最強のアメリカ本土まで届くICBM(大陸間弾道ミサイル)の発射実験を強行。12月5日に、国連からフェルトマン事務次長が平壌へ急行する事態となった。

米韓両軍も、12月4日から8日まで、ステルス戦闘機F22、F35、B1爆撃機など計230機を総動員し、北朝鮮攻撃を想定した実戦型演習を行っている。

 

そんな中、「冬季五輪の花」と言われるアイスホッケー競技で、NHL(北米アイスホッケーリーグ)は、早々と不参加を表明した。高額な年俸を手にしているスター選手たちに、万一のことがあってはたまらないというわけだ。

ヨーロッパでも、不安が広がっている。

フランスのフレセル・スポーツ大臣は、「朝鮮半島の危機が続き、フランス選手団の安全が確保されない場合には派遣しない」と宣言。

オーストリア・オリンピック委員会のシュトース会長も、同様の発言をしている。ドイツスポーツ育成協会のシメルペニヒ理事長は、「1月まで状況を見守った上で、ドイツ・チームの参加を判断する」との見解を述べた。