Photo by Getty Images
政治 週刊現代

あの「朝日死ね」発言議員が「熱心な朝日読者」の母に叱られていた

「泣かれてしまいました」
「朝日新聞、死ね」――。主義主張はともかく、国会議員という立場にある人の発言としては眉をひそめざるを得ないツイートを流してしまった、日本維新の会・足立康史衆議院議員。12月11日(月)発売の週刊現代が、その足立議員が、意外にも「身近な」ところで叱られてしまった経緯を報じている。

「息子とは違って、穏やかな『投稿』を…」

石破茂氏らを「犯罪者」呼ばわりするなど、問題発言を繰り返す日本維新の会の足立康史衆議院議員(52歳)。

11月、ツイッターに「朝日新聞、死ね」と投稿して炎上し、朝日側も社説で応酬するなど異例の事態となった。

そんな彼の暴言に人一倍心を痛めている人物がいる。足立氏の母親だ。

 

「小学校の元教員で熱心な朝日新聞読者だそうです。

投書欄『声』の常連で、『子におとぎ話教えて欲しい』と題する、教育に関する意見などを投稿しています。

息子とは違って、おだやかな内容の投稿です」(全国紙政治部記者)

朝日を愛読する母親について足立氏本人に聞くと……。

「『頼むからああいうことはやめてくれ。恥ずかしい』と泣かれてしまいました。

朝日に謝罪の手紙を送るとまで言っていたのですが、父が止めてくれた。『やめとけ、康史が困るだろ』と」

[写真]「死ね」と言われた朝日新聞東京本社(photo by GettyImages)「死ね」と言われた朝日新聞東京本社(photo by GettyImages)

「…『死ね』は良くないですよ」

大阪市内に住む当の母親にも息子の「死ね」発言について尋ねた。

「子どもの頃はそんな言葉遣いをしたこともなかった。『死ね』は良くないですよね。

帰省してきたときに、言葉に気をつけなさいということだけは言いました。息子は『はい』と言うてました。

また同じことを繰り返すようなことがあれば、私から注意すると思います」

52歳にもなって、母親に心配をかける足立議員だが、「言い方は悪かったが、内容は間違っていない」と悪びれる様子もない。

少しは母の「声」に耳を傾けてはどうか。

12月11日発売の週刊現代は、このほかにも次のような切り口で社会の裏側に迫っている。
大特集 大学病院だから安心、はもう古い 知らないと酷い目にあう「病院格差」治るか治らないか、ここまで差が付きます/忖度とは無縁、空気は読まない 信念の男・貴乃花 人はそれを「変人」と呼ぶ/がん・脳梗塞・心筋梗塞で「助かりやすい町」「手遅れになりやすい町」/69歳の相談役が副社長に。一方、わずか9ヵ月で交代の副社長も トヨタ「前代未聞の役員人事」全舞台裏/カイチュウ博士が実証「腸」をキレイにしたら、毛がフサフサに!

新生・ブルーバックス誕生!