サッカー

サッカー界を影で支える「移籍代理人」という仕事

~稲川朝弘Vol.1~
このエントリーをはてなブックマークに追加

影のような存在ではあるが

李忠成をイングランドのサウサンプトンFCへ、前園真聖をブラジルのサントスFCとゴイアスFCに移籍させる。またウェズレイを名古屋グランパス、レアンドロ・ドミンゲスを柏レイソルに連れてくる。あるいは日本代表で頭角を現しつつある杉本健勇に早くから目をつける――。

これらは代理人・稲川朝弘の仕事のごく一部である。

代理人とは影のような存在である。表に出ることは少ないが、皮膚の下に隠れた筋肉のようにこの世界を動かしている。ただ、クラブにとっては厄介な存在にもなりうる。交渉の際、丁々発止のやり取りで摩擦を起こすことも、あるいは表から見えないことをいいことに、手を汚す人間もいる。そのためか、このビジネスを始める、あるいは関わりたいと思う人間が多い中、長く続いているのはごく一握り。稲川はその一人である。

1962年5月、稲川は福岡県小倉市で生まれた(稲川が生まれた翌年、小倉市は合併により北九州市に名前を変えている)。父親が新聞記者だったため、彼は大学を卒業するまでに引っ越しを11回したという。見知らぬ土地を渡り歩いたことが彼の人格形成に少なからず影響を与えたことは間違いない。

 

「サッカーを始めたのは所沢にいたときだから、6歳かな。ちゃんとしたサッカークラブに入ったのは9歳。相模原の少年団でした」

小学校4年生のとき、名古屋に転居することになった。

「転校先では野球とサッカー、両方やってました。どちらかというと野球中心だったかもしれない。そして中学校ではサッカーをクラブチームで続けていた」

中学校を卒業すると愛知高校に進んだ。

愛知高校は1876年設立の私立学校であり、全国大会でも上位に入る強豪校だった。

「(愛知県の)日比野中学が全中(全日本中学校サッカー大会)で優勝したメンバーが入って愛知高校がバーンと強くなった。ライバルの岡崎城西高校も強かった。愛知はサッカーどころだったんです」

高校入学直後、稲川は先輩部員たちの水準の高さに圧倒されたという。

「当時の名古屋というのは(テレビ東京系列で放映していた)『ダイヤモンドサッカー』が映らない場所。それなのに、あまりに先輩たちが上手かった。どこでこの人たちはこんなテクニックを身につけているんだろうと。日比野(中学)が全国を獲ったりしているので、選抜に選ばれたり、あるいは静岡のチームと日頃から試合をしていたから、そこで学んでいたんだと思う。誰かがやっているのを真似したら出来るようになったという人ばっかりだったんじゃないかな」

ただ、“接ぎ木”の技術の限界も感じていた。身体的能力が高い選手が集まっていたこともあるだろう、三重県の四日市中央工業、あるいは静岡県の藤枝東といった全国でも上位校相手と練習試合をすると互角以上の結果を残したが、徹底的にテクニックを重視した静岡学園には歯が立たなかった。同じスタイルを標榜する相手と対戦するときには、その“深度”が重要なのだ――と稲川は後に気がつくことになる。

記事をツイート 記事をシェア 記事をブックマーク