〔PHOTO〕gettyimages
選挙 政局 ドイツ

ドイツの有権者をイラつかせる「大連立」協議のすったもんだ

透けて見えるのは「権力闘争」ばかり

再選挙か、大連立か

11月19日に、ドイツ次期政権樹立のための連立交渉が決裂したことは、すでに書いた(http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53607)。

決裂したのは、①姉妹党であるCDU/CSU(キリスト教民主同盟/キリスト教社会同盟)、②FDP(自民党)、③緑の党による連立。そこでメルケル氏は今、改めて新しい連立の組み合わせを考えなければならなくなった。

とはいえ、第3党であるAfD(ドイツのための選択肢)と、第5党である左派党が、それぞれ極右、極左と位置付けられて阻害されているため、メルケル首相には選り好みしている余裕はない。残されたオプションは3つだ。

1)これまでと同じくSPD(社民党)との大連立
2)緑の党と連立して少数派与党となる
3)選挙のやり直し

2)の少数派与党による組閣には反対意見が強い。ドイツ国内はもとより、EUでも重要事項が目白押しだというのに、少数派与党では決定権が極度に弱まる。おそらく時間が倍かかるか、あるいは、決まらないということになるだろう。

これでは強いドイツは維持できない。ドイツは強くなければいけないという点だけは、多くのドイツ人の一致した思いだ。だから、少数派与党はダメというわけ。

一方、選挙のやり直しは、CDU/CSUもSPDも嫌っている。今、選挙をしても、彼らが票を大幅に伸ばす見通しはなく、伸びるのはAfDだけではないかと言われている。彼らにとっては最も好ましくないシナリオだ。

大統領のシュタインマイヤー氏も、選出された政党には組閣の努力をする義務があるなどと言って再選挙には反対しており、11月30日には、大統領官邸にCDU党首であるメルケル氏、CSU党首のゼーホーファー氏、そしてSPD党首のシュルツ氏の三者を呼んで、大連立に向かって努力するようハッパをかけた。

メディアはメディアで、再選挙にはお金がかかるなどとほのめかし、国民がそちらの方向に走らないようブレーキをかけている模様。ドイツの大手メディアは一貫して、AfDを蛇蝎のごとく忌み嫌っている。

すると、現実として残るのは大連立である。

 
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら