〔PHOTO〕iStock
メディア・マスコミ 不正・事件・犯罪

【画像】脳を見れば「高齢交通事故」急増の理由が分かる!

脳と交通事故の知られざる関係

日本の高齢化率は2050年頃に40%まで上り詰め、高齢化率世界一の座は2060年まで維持されます。こうした状況の中、日本は小手先の高齢化対策ではなく、世界が注目する、むしろ手本になるような革新的かつ抜本的な対策を立てなければなりません。

近年、交通事故件数は減少しているものの、全体の交通事故死者数に占める高齢者の割合は、社会の高齢化と共に増え続けて、平成28年は58%になっています。ニュースでもたびたび「暴走老人」が報じられることがありますが、どのような対策があるのでしょうか。

交通科学に脳ドックデータを活用し、脳から見た交通安全対策を研究する学者が、脳と事故の知られざる関係を明らかにします。

全文はこちら→http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53708