Photo by GettyImages
野球

前日本代表監督・小久保裕紀が教える「ホームランの打ち方」

どこまでも素直に「下から上へ」
このエントリーをはてなブックマークに追加

「ほれみろ。オレはあそこまで飛ばしたぞ」

いつの放映だったかも正式な番組タイトルも忘れてしまったが、NHKに「テレビスポーツ教室」という番組があるでしょう。あれで、ある日「ホームランを打とう」というのをやっていた。

出演したのは小久保裕紀氏。まだ、日本代表監督になる前か、就任して間もないか、そんな時期だったと記憶する。 小久保氏は子どもたちに、ひたすらどうすればホームランが打てるかを語るのである。野球教室で「ホームランの打ち方」にテーマをしぼるというのは、珍しいのではあるまいか。

鮮明に記憶していることがある。こうやって打つんだ、とお手本のスイングを実演してみせるのだが、それがかなりのアッパースイングに見えたのだ。そうか。高く、遠くへ飛ばそうと思えば、やはり下から上へ振り上げなくてはならないんだな、と妙に感心したものだ。

下から上へしばき上げるなんて、どこかオールドファッションの香りがして、小久保サン、なかなかいけてるのですよ。

そういえば、今年の広島カープのドラフト1位・中村奨成は広陵高に入学した当初、ひどいアッパースイングだったそうだ。

「ほれみろ。オレはあそこまで飛ばしたぞ」と悦に入っている中村少年が目に浮かぶようだ。きっと右打ちとか進塁打とか、頭になかっただろう。お山の大将の打法だったにちがいない(あくまでも、私の勝手な妄想だが)。でも、そう思うとうれしくなる。

人間の本来持っている欲望が、そのまま浮き出てくるようなプレーというのは、いいものだ。

日本シリーズもワールドシリーズも、今季はどちらも面白かった。日本シリーズは一言でいえば、あと一息で福岡ソフトバンクまでも飲みこむ寸前だった横浜DeNAの勢いを、デニス・サファテの剛腕がかろうじて止めた、ということですね。

 

横の投手、タテの投手

ワールドシリーズは、ヒューストン・アストロズが4勝3敗でロサンゼルス・ドジャースを下した。前田健太の奮闘はたしかに印象的だったが、もう一人、注目したい投手がいた。

ジャスティン・バーランダー(アストロズ)である。

5年前だったら、メジャー最高の投手といってもよかったかもしれない。160キロのストレートで攻めまくり、2011年にはサイ・ヤング賞にも輝いた。

ジャスティン・バーランダー現アストロズのジャスティン・バーランダー投手 photo by gettyimages

しかし近年は、失礼ながらその豪球にも少々陰りが見えるのかな、と思っていた。タイガースの大エースに君臨してきたが、一度はワールドシリーズに勝ちたいと、今季アストロズに移籍したんだそうな。

ところで、現在のメジャーNo.1投手は誰かというと、諸説あるだろうが、マックス・シャーザーが代表格だろう。2016、2017年と2年連続のサイ・ヤング賞投手である。

シャーザーは現代の投手像を象徴している。スリークォーターよりもややサイド気味にヒジを下げた腕の振りから160キロの速球を投げ、スライダー、チェンジアップが鋭い。上体の力が強そうな投げ方だ。

バーランダーは、その対極にある。なにしろ、あくまで上から下へ腕を振る。シャーザーは横の投手、バーランダーはタテの投手といってもよい。

やや球速が落ちてきて、愚直なまでのタテの投球は通用するのだろうか――ちょっと懐疑的にバーランダーを見ていたのである。

記事をツイート 記事をシェア 記事をブックマーク