Photo by Getty Images
ブルーバックス お遍路

「お遍路」を科学して分かった、100歳で健康に生きるヒント

なぜあんなに歩いても疲れないのか

さまざまな研究室を訪問してサイエンスの現場をリポートする「ブルーバックス探検隊が行く」。今回はなんと、「四国のお遍路さん」と「健康効果」の科学的関係を研究してきた、産業技術総合研究所の吉田康一さんに登場していただきます(取材・文/深川峻太郎)。

(前回までの内容はこちらから

四国のお遍路さんを科学するのだ!

ブルーバックス編集部からこの探検隊の業務を拝命した瞬間に、脳から興味が噴出した。

なにしろ頂戴したお題は「お遍路の科学」である。もちろん、お遍路も科学もまったく知らないわけではない。しかし、その組み合わせは意表をついている。

 

たとえばトーストと納豆は誰にとっても馴染み深いが、「納豆トースト」となれば意表をつかれる人が多いだろう。実際、私の妻も結婚当初に意表をつかれていた。私、好きなんです。納豆トースト。

だからきっと、「お遍路の科学」も面白いにちがいない。わかったようなわからないような理屈だが、意表をつく研究の探検は楽しそうだ。そう思って、喜んで隊員を引き受けたのである。

「私たちの健康工学研究部門は、7年ほど前に四国を中心に発足しました。この部門では『100歳を健康に生きる技術開発』を目指しています。『100歳まで』ではなく『100歳を』。

つまり、100歳はあくまでも通過点にすぎません。100歳を過ぎても、心と体がピンピンした状態で暮らせるような技術を開発したいですね」

探検に訪れた私にまずそう教えてくれたのは、産業技術総合研究所イノベーション推進本部の吉田康一さんだ。

現在はつくばの本部組織で複数の研究部門を統括する立場だが、それ以前は香川県にある四国センターで健康工学部門長を務めていた。

「康一」さんというお名前からしてそのポジションがよく似合うわけだが、そのとき手がけたのが「お遍路の科学」である。なるほど、四国ならではの研究テーマだ。

四国では、吉田さんが「いつも白装束で歩く人たちを横目で見ながら通勤していました」というぐらい、そこらじゅうにお遍路さんがいるらしい。いわば「お遍在さん」なのだから、注目するのは自然な流れである。

しかし、それが健康工学とどう結びつくのだろうか。

[写真]なぜお遍路を科学するのかを熱く語る吉田さんなぜお遍路を科学するのかを熱く語る吉田さん
[写真]1200年前に弘法大師(空海)が開設したとされる四国八十八ヵ所のお寺を巡るのが四国遍路。江戸時代になって庶民の間で大流行した。第1番札所の霊山寺(徳島県)から第88番札所の大窪寺(香川県)までの行程は約1460km1200年前に弘法大師(空海)が開設したとされる四国八十八ヵ所のお寺を巡るのが四国遍路。江戸時代になって庶民の間で大流行した。第1番札所の霊山寺(徳島県)から第88番札所の大窪寺(香川県)までの行程は約1460km

「四国では年間約2万人ものお遍路さんが八十八ヵ所を巡っており、そのうちの約7000人はバスや車を使わない『歩きお遍路』です。1ヵ月ちょっとかかるのに、これだけの人が集まるのはすごいですよね。

何回かに分けてやる人も多いのですが、それも相当な手間と時間がかかるでしょう。そんなお遍路が1200年も続いているのは、それが信仰心を満たすだけでなく、健康にも良いからではないでしょうか。

ならば、それを科学的に解明したいと思いました。たくさん歩くので体に良いだろうということは想像がつきますが、お遍路さんは立ち寄ったお寺で読経などもするので、精神的な癒しの効果もあるのではないかと考えたのです」

吉田さんの率いていた健康工学研究部門では、それ以前から、生活習慣病の予知に関する研究に取り組んでいた。

いわゆる「未病」の状態を察知するには、病気の予兆を知らせるバイオマーカーを特定し、それを計測する機器を開発する必要がある。まさに「健康工学」の出番だ。

お遍路の研究では被験者の健康状態を調べるので、その計測機器を組み込めるだろう。そこで装置の有効性を検証できれば、一石二鳥だ。

「ですから研究の動機は二つですね。一つは、私の個人的な興味。もう一つは、長期的に見れば健康工学研究部門でやるべき研究の集大成になること。

研究チームには、脳内で出るBDNFという物質を、うつ病のバイオマーカーとして調べている人もいます。

糖尿病や高血圧などの生活習慣病だけでなく、うつ病の予防も現代社会の大きな課題。そのバイオマーカーが計測できるようになれば、早期発見につながるだけでなく、うつ病でいったん長期休暇を取った人が職場に復帰するタイミングを見極めることもできるでしょう」