〔PHOTO〕gettyimages
政治政策 地震・原発・災害 行政・自治体

ドイツ在住35年の私が福島で見た、思いもかけない「現実」

憂鬱なニュースも、いい話も

ドイツの二の舞を演じないために

11月22日より、拙著『復興の日本人論 誰も書かなかった福島』が書店に並んでいる。悩みに悩んで書いた本だ。

第一作『フセイン独裁下のイラクで暮らして』を発表したのが、1990年。以来、著書は20冊を超えるが、昨今は、回復の兆しの見えない出版不況の中、出してくださるという出版社があればひたすらありがたいご時世となった。なのに私は、今回に限っては上梓を猛烈に逡巡したのである。

私はジャーナリストではない。その昔、ドイツへ行ったのは音楽の留学のため。そのうち、ドイツや日本の日常生活から様々な現象を拾い上げては、日独比較のエッセーを書くようになった。それがいつしかドイツの時事問題の論評に移行し、福島の原発事故のあとは、ドイツと日本の「エネルギー問題」が、図らずもライフワークのようになってしまった。

ドイツは福島第一原発の事故のあと、2022年までに国内の原発を全て止め、それを再エネで代替していくという「エネルギー転換(Energiewende)」を宣言した。当初は日本からも拍手喝采を受けたご自慢の政策だったが、それから6年半、すでに膨大なお金を浪費しつつ、環境問題にもプラスになっていないという惨状だ。CO2の排出が減らない。

日本の状況を見ていると、まさにその二の舞を演じそうで大きな危惧を覚える。そこでもう一度、福島へ足を運び始めた私は、現地で思いもかけない現実に遭遇したのである。以下は拙著「序文」からの引用。

〔PHOTO〕gettyimages

「福島についての報道を見ていると、人が減り、仕事がなく、悲しく寂れたイメージが強い。確かに、いまだに住民が帰宅できない帰還困難区域ではそういう光景もある。

しかし、その他の場所では、事故以来、各自治体が競って復興事業を立ち上げ、また、除染に莫大なお金がかけられていることもあり、かなりの雇用がある。実際に、それらの復興景気に引き寄せられて日本中から企業が集まっている。それは、走っているトラックのナンバープレートを見ると一目瞭然だ。関西の車も少なくない。

福島では、鉄道や道路の復旧はそろそろ終わろうとしており、だから、かえって心配なのは、復興が一段落し、除染も終了してしまったあとの話だ。バブル後のような状態が引き起こされる可能性がある。

また、住民が戻らないと言われているが、廃炉の関係者など、元の住民ではない人たちが移住してくるという現象も起こっている。廃炉はいわば国家事業で、資金切れになる心配はない。しかも、まだ何十年も続く。

だったら移り住もうという人が現れてもけっして不思議ではない。福島は、海あり、山あり、美味しいものありで、住むには良い所だ。避難指示が解除された福島第一原発のそばの町では、最近、すでに不動産取引が活発になっているという」

 

「もうひとつ驚いたのは、原発事故による避難者への賠償金の話。私は賠償金問題を調べようと思って福島に行ったわけではなかった。しかし、現地に行って話を聞くと、耳に入ってくるのはその話ばかりだった。

賠償金は天文学的な数字になっているが(中略)、多くは税金であり、あるいは、全国民の電気代から出ている。つまり、どちらにしても、ほとんどは国民のお金だ。

しかも、その額は破格のもので、二〇一七年までの賠償金の支払総額が、七兆五千億円。それどころか、賠償、除染、廃炉、中間貯蔵施設を含めた予算の総額は、二十二兆円にものぼる。

しかし、これだけのお金が注ぎ込まれているのに、不思議なことに誰も満足していない。それどころか当の福島では、東電が賠償を出しすぎるから悪いなどと、その貴重なお金がしばしば悪者になっていた」

「本来ならば、福島の復興では、限られた国家予算は国の基礎体力をつけるために活用すべきなのだ。なのに、実際におこなわれていることは、怪我をした人が怪我の部分を労わろうと、食べるものを切り詰めてまで高価な絆創膏を買い、重ね貼りしているのと似ていた。本当に復興を考えるなら、そのお金で滋養のあるものを摂り、体力をつけることのほうがよほど大切ではないか。そうすれば、怪我は自然と治る」