Photo by gettyimages
企業・経営

「従業員はロボット」の変なホテルが成功を収めた理由

肝は人間にあった

エイチ・アイ・エス(HIS)の創業者、澤田秀雄氏が、ハウステンボスに作った「変なホテル」は、ロボットホテルとして話題を呼び、閑散期でも稼働率80%を超える「生産性の高い」ホテルだ。

1号店の成功で、2017年には浦安やラグーナテンボスにも開業し、国内に3ヵ所とふえ、さらに世界へ展開していく計画だ。『変なホテル』は近未来の人間の働き方や、ロボットの活用を考える上でも面白いヒントを提供してくれる。

「変なホテル」成功で見えてきた未来について、澤田氏本人が詳しく明かした『変な経営論 澤田秀雄インタビュー』から、「ロボット」と「生産性」に関する澤田氏のインタビューを公開しよう。

割り切ったほうが進化は早まる

ビジネスにおいて何より重要なのはスピード感だ。特にテクノロジーについては、よりスピード感が求められる。

例えばロボットが人間の代わりに働く「変なホテル」で考えてみよう。ハウステンボス内に完成した「変なホテル」1号店のオープンは2015年7月だが、「世界一生産性の高いホテル」を目指して、ハウステンボス内に省エネルギーのスマートハウスを作った実験は2013年いっぱいまでかかった。実験からずいぶん短期間でオープンしたことになる。

人間の仕事の9割がたはロボットに置き換えられる。しかし、現時点ではどうしても無理な作業もある。客室のベッドに髪の毛が一本落ちていたり、隅っこに小さな埃が残っていたりすると、気持ち悪いものだ。しかし、そんな細かい部分までチェックして掃除できるロボットは存在しない。

完璧な掃除ロボットが登場するには、まだ10年かかるとして、それを待ってスタートするのか? それでは時間の無駄だ。ロボットにできない1割は人間がやると割り切って、見切り発車するほうがいい。なぜなら、その間に、ロボットがやる9割の部分を進化させられるからである。

 

問題が見つかったら、どんどん改良していけばいいのだ。事業をスタートさせないかぎり、その問題を発見することもない。最初から「ロボットに100パーセントは無理」と割り切ることで、逆に進化は早まるわけだ。

これまで人間10人でやっていた仕事を一人でこなせるとなれば、それだけで生産性は劇的に向上している。いずれは無人ホテルも可能になるのだろうが、当面はそれで満足すべきだ。

われわれはビジネスをやっているのであって、実験機関ではない。早く開業することで利益が出るから、次の設備投資ができる。次の投資をするから技術はさらに進化し、お客様に喜ばれるのだ。そこを勘違いしてはいけない。

最初から完璧を求めない。その代わり、途中でどんどん進化させていく努力を怠らない。これが私のビジネスの流儀だ。

「変なホテル」のロゴマークは、竹と「すやり霞」という和の意匠に加え、国蝶オオムラサキの羽がモチーフになっている。蝶は幼虫からサナギへ、そして成蝶へと完全変態する生きもの。「変わる」「進化する」ことを意識しているのだ。

「変なホテル」は変わり続けている。もちろんお客様のご要望で変わった部分もあるし、テクノロジーの進化で変わった部分もある。オープン以来の2年間でも大きく変わった。ここでは、「変なホテル」がどう進化してきたのかを紹介したい。