Photo by gettyimages
ブルーバックス 歴史

日本の城がいつ見ても美しいのは、驚異の「伝統素材」のおかげだった

最新科学でヒミツを解き明かす

日本人の技術・知恵・美意識の結晶

威風堂々と建つ天守を前にして、思わず立ち止まりカメラを構えてしまった経験はないだろうか。おそらく一度くらいは、その威容に見とれたことがあるだろう。

天守には、私たちを魅了する圧倒的な存在感がある。400年以上も前に建てられた建造物なのに、寂れた築40年のビルにはない“現役”のオーラが感じられる。それは、きっとそこに、日本人の琴線に触れる不変の美があるからだ。

軍事施設であり領国の中枢である城には、最新の技術と工夫が投じられる。だから、築城・改修時の情勢や流行、築城者の社会的立場や戦略、技術力やセンスなどが如実に反映される。限られた条件下でできるだけ実用的に、そしてなるべく美しく完成させようという、人々の試行錯誤が詰まっているのだ。

日本人の技術・知恵・美意識が集約された存在であるからこそ、歴史学や考古学からの視点だけでなく、科学、工学、建築学など、さまざまな観点で天守を見ることができるし、これがなかなかおもしろい。設計や装飾、仕上げの塗装に至るまで、その対象はさまざまだ。バリエーション豊かな天守に隠された、さまざまなストーリーに触れることができる。

松本城天守の「黒壁の美」を科学する

科学的な観点で、天守の外観の美しさを探ってみよう。たとえば、松本城(長野県松本市)の天守。なぜ、あんなにも黒く美しく艶めくのだろうか。それは、化学塗料ではない天然の樹脂塗料で仕上げられているからだ。松本城天守の壁面には、今となっては日本で唯一、全面に黒漆が塗られている。

松本城(Photo by gettyimages)

天守壁面の漆は、毎年9~10月にすべて塗り替えられている。実はこの季節に塗り替えが行われていることにも、科学的な理由がある。

漆の主成分はウルシオールという樹脂分で、そのほかに水分、ゴム質、酵素などが含まれる。漆は水分が空気中で蒸発するという一般的なメカニズムとは異なり、空気中の水分を取り込むことで乾く。ラッカーゼという酵素が水分中の酵素を取り込んで反応し、ウルシオールが液体から固体へと変化するからだ。

 

そのため、漆を乾燥させるためには温度は20~25℃、湿度は60~65パーセントという条件が求められる。漆器などでは湿度調節が可能な乾燥室を使うのだが、野ざらしである天守の壁面ではそれができない。そこで、気象条件を満たす秋口に塗り替えられるというわけなのだ。夏の紫外線で傷んだ漆は、秋に化粧直しされ、冬支度を整えるのである。

驚異的な漆のパワーと唯一の弱点

ところで、7世紀から11世紀頃に築かれた古代城柵などから出土する、「漆紙文書」をご存知だろうか。漆の入った容器の蓋紙に、廃棄文書を使用したものだ。現在でも文書に書かれた文字が確認できるのは、染み込んだ漆の硬化作用によって腐食を免れたからだ。このことからもわかるように、漆の耐久性は驚異的で、酸やアルカリ、塩分、アルコールに強く、耐水性、断熱性、防腐性にすぐれている。

漆の歴史が古く、縄文時代から土器の接着や装飾に使われていたのもその耐久性ゆえだ。弥生時代には武器へ塗装されるようになり、古墳時代には革製品や鉄製品への加工、棺の塗装などに用いられたとみられている。

それほどの素材であるから天守壁面の塗料としては申し分ないのだが、唯一にして最大の弱点がある。それは、紫外線だ。松本城天守の壁面も、紫外線に年中さらされているため1年もすれば傷みが生じ、長くても3~5年で耐久力が尽きてしまう。松本城天守の漆が毎年欠かさず塗り替えられているのは、そのためなのだ。