Photo by gettyimages
サッカー エンタメ 日本

連敗のサッカー日本代表と強豪国には「埋めがたい差」がある

「頑張る」で勝てないのは当たり前

日本代表には「スタイル」がない

11月は日本代表がヨーロッパ遠征でブラジル代表とベルギー代表と親善試合を行いました。結果はブラジルに1対3、ベルギーに0対1と完敗。強豪相手の戦い方の調整が遅れているような気がしますね。また、アジアチャンピオンズリーグ(ACL)では浦和レッズが見事、10年ぶり2度目の優勝を達成しました。サッカーファンにとっては慌ただしい1カ月だったのではないでしょうか。1つずつ振り返ってみましょう。
 
まずは日本とブラジルの一戦から。この試合ではビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR=ビデオ判定)が試されました。誤審を防ぐ良い試みだとは思いますが、やはり試合の流れが止まってしまうのは気になります。例えば主審の腕時計で映像が確認できるようにするとか、スタジアムのオーロラビジョンを使うなど、主審がピッチ外のモニターまで走らずにすむだけでもだいぶ改善されるはずです。
 
そのビデオ判定がきっかけでPKを取られ、開始10分で失点しました。そして立て続けに2失点し、前半だけで0対3。後半にコーナーキックから1点を返すにとどまりました。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は「後半だけなら勝っていた」と手ごたえを口にしたようですが……。これは違うでしょう(笑)。

 

ブラジルは前半で試合を決めたから、後半は新しいことを試し、力をセーブできた。それで日本にも多少、スペースを与えてもらっただけです。全てのレベルが違ったし、格の違いを見せつけられました。
 
ブラジルとの差は何なのでしょう。やはり日本のスタイルが定まらないのは大きいと思います。監督が代わればサッカーのスタイルが変わってしまうのが今の日本です。個の力を上げること、そしてもっと選手がサッカーを理解しないと強豪との差は埋まりません。
 
例えば、ブラジルは自由でリズミカルなサッカーを展開します。ですが、自由と言ってもそのプレーを選択した裏付けは必ずあります。誰かがドリブルをしている間に他の選手が走り込むべきタイミングでしっかり走り込んでいる。そしてその選手にしっかりパスを通せる技術がある。2人でパス交換をしていても、遠くで誰かが走り込んでいる。みんなでイメージを共有してタイミングよくパスが通る。
 
“3人目の動き”とよく言いますが、こういったベースがきっちりとしているのがブラジルです。自由とはいえ、サッカーの基礎がしっかりしていますよね。道のりは遠いですが、日本だって不可能ではないと思います。Jリーグが発足して25年目。それでここまで日本サッカーは発展したのですから、やれないことはないと僕は思います
 
続くベルギー戦は試合の入り方を変えました。全体をコンパクトに保ち、前から積極的にプレスを掛けましたね。後半は体力的にキツくなりほころびが出ました。ハイプレスを90分通して行うのは厳しい。守っていても“どこで仕掛けるのか”という狙い所がないと世界を相手に得点はできないでしょう。劣勢で耐えている時でも“前線の選手にどこで一発、勝負させるか”をしっかり考えないと効果的なカウンターには繋がりません。

新メディア「現代新書」OPEN!