photo by iStock
不正・事件・犯罪 ライフ

座間の事件後もなぜ「死にたい」というツイートが絶えないのか

一緒に死ぬ人を探しているあなたへ

「首吊り士」は快楽殺人者に過ぎない

座間の事件は、あまりにいたましいものでした。まだまだこれから解明されるべきことが残っているとはいえ、亡くなられた方々は間違いなく犠牲者だったと思います。つまり、たとえ彼らのほとんどが「死にたい」という願いを表明していた人たちであったとしても、あの自称「首吊り士」はその手助けをしただけということにはならないだろうということです。

もし本人から依頼されたなら嘱託殺人、本人の同意を得ていれば承諾殺人という、殺人罪よりはずっと刑罰の軽い罪になってしまいますが、容疑者を訪ねた人たちは、その日に死ぬつもりではなかったに違いないと思うのです。

犠牲になった方々の個人的なことはなにも知りません。でも、わざわざ容疑者に会いに行ったというそのことが、死ぬ以外に選択肢がなかったわけではないことを証明しているのではないでしょうか。

「死にたい」という気持ちはあったのでしょう。でも一人では死ねなかった。だからSNSで「死にたい」と呟いた。もしかしたら一緒に死んでくれるかもしれない人をインターネットで探した。

photo by iStock

座間の事件の後でさえ、こうした書き込みは絶えません。第二、第三の同様の事件が起きてしまわないとも限りません。もし人が不特定多数に向かって「死にたい」とか「誰か一緒に死んでほしい」と呟くとしても、それは快楽殺人者に殺されたいということではないでしょう。

それでも誰かに向かって「死にたい」と呟かずにいられないとすれば、それは真剣な訴えです。でも、それを他人に呼びかけてどういう意味があるのでしょうか。その人はいったい何を呼びかけようとしているのでしょうか。おそらく本人もよくわかっていません。その呟きは矛盾しています。真剣であればあるほど、自分自身を裏切っているとも言えます。

もしあなたも、そう呟かねばならない人のひとりだとすれば、立ち止まってそのことばの意味をしっかり考えてみましょう。

 

「死にたい」という呼びかけ

ところで、「死ね」と思わず口にしてしまうことは誰にでもしばしばあることなのかもしれません。でもそのことばが心の中で呟かれたのでなく、誰かに向かって面と向かって語られたものなら、おそらくそれは冗談口でしょう。

逆に、「死にたい」を目の前の誰かから聞くとすれば、それを冗談だと笑い飛ばすことはできません。もちろん親しい間柄ならば、ちょっとした弱音としてそういうことも言うでしょうし、言われた方も「どうぞご自由に」と受け流せるかもしれません。ですが、「死ね」に比べれば「死にたい」はよほど深刻で、実現する可能性も高いものです。

新メディア「現代新書」OPEN!