不正・事件・犯罪

それは本当に「虐待」ですか?二児の母が突然逮捕・起訴されるまで

「揺さぶられっこ症候群」を問う②
このエントリーをはてなブックマークに追加

生後間もない娘を虐待した疑いで逮捕、起訴された井川京子さん(仮名=37)。大々的に報じられたこの事件の容疑は「母親が殺意を持って乳児に外傷を与えた」というものだ。その根拠とされるのが、「揺さぶられっこ症候群」。乳児を強く揺さぶることで、硬膜下血腫、網膜出血、が生じるとされるもので、近年、虐待の根拠として挙げられることが増えている。

しかし、「そもそも『揺さぶられっこ症候群』というものは存在しない。『揺さぶられっこ症候群』を根拠とした虐待事件は、疑ってかかる必要がある」と訴えるのが、京子さんの弁護を担当する秋田真志弁護士だ。ジャーナリストの柳原三佳氏が、京子さんのケースを基に、「揺さぶられっこ症候群」の闇について取材するルポ第二弾。

(前回の記事はこちら ➡http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53525

自閉症スペクトラム

(前編より…生まれたばかりの長女を虐待した容疑で逮捕された京子さん。前編では2歳半の長男が、抱っこしていた長女を誤って何度も落としてしまい、長女が救急車で運ばれるところまでを記述した。のちに、この「事故」が「虐待」の根拠として挙げられてしまう)

生まれて間もない赤ちゃんが、家庭内で繰り返し事故に遭う……。この経緯を見て、「そんなに事故に遭うことがあるだろうか」と疑問や不審を感じた人も多いのではないだろうか。実は、事故が起きた時点ではまだ明らかになっていなかったのだが、兄のAくんはこの2年後、「自閉症スペクトラム」と「注意欠陥多動性障害」の合併症と診断されている。

自閉症スペクトラムは生まれつきの障害で、親の育て方やしつけ、愛情のかけ方が直接の原因ではない、先天的なものだ。

特に、乳児から幼児期は診断が難しく、初めての子育て中だった京子さんは、1歳を迎えた頃から「活発」を超えて「激しい行動」を取るようになったAくんに戸惑いを感じながら、2人目を妊娠、出産したのだった。

とにかくAくんの動きは、妊婦の京子さんには追い付かないほど過激だった。京子さんは当時の様子を語る。

「息子は1歳のお誕生日を迎え、歩くようになったころから、動きも活発になりました。戸棚の中の物を全部出したり、物を噛んだりするのです。また、自宅の中のMDコンポ、プリンタを壊し、コタツの天板を落としたり、スチール棚なども引きずって倒してしまうことがたびたびありました。

当時、主人と交わしたメールのやりとりが残っていますが、8月には炊飯器を落とし、9月には、棚の上からテレビを落として壊しました。机の上から、食器乾燥機を落として壊したこともありました。とにかく机に乗っては、上にある物を落としてしまうのです」

 

また、高いところから飛び降りたり、モノを落としたり、激しく足踏みをするため、近隣住民からのクレームも絶えなかった。

「2013年10月ころには、隣人から壁を叩かれるようになりました。私が注意すると、意地になって、かえって足踏みをするような状態だったのです」

2014年11月5日、難産の末、妹のBちゃんが誕生する。産後の肥立ちはあまりよくなかったが、10日後、京子さんは実家に預けていたAくんと新生児のBちゃんを連れて自宅に戻った。

しかし、Aくんは初めて対面する妹のBちゃんに対しライバル心を抱いたのか、京子さんが赤ちゃんの世話をしていると、妹を叩いたり、つねったり、噛んだりという攻撃的な面を見せた。かと思えば、AくんはことあるごとにBちゃんを抱っこしたがったという。

11月26日、京子さんがふと気づくと、いつの間にかAくんがベビーベッドの柵を越え、中に入り込んでいた。Bちゃんのために用意したベビーベッドの柵の高さは約80センチだったが、それを乗り越えたのだ。Aくんは平均より大きく、当時の身長は92.7cm、体重15.3kg。成長曲線グラフと照らすと3~4歳の体格だった。

「小さなベビーベッドの中に、動きの激しい息子が入ることは危ないとも思えました。でも、妹に寄り添うその姿は微笑ましくもあり、私はポラロイドカメラで二人の様子を写真に収めたほどでした」

1回目の落下事故が起こったのは、その翌日、11月27日のことだった。

その後、Bちゃんが2度目の落下事故(12月18日)に遭い、救急搬送されるまでの経緯は図に記したとおりだ。

前回の記事でも記したが、この日を境にBちゃんだけでなく、兄のAくん(2歳半)も児童相談所に「保護」され、両親のもとから引き離された。京子さんによる虐待が疑われていたのだろう。

事故から9か月後の2015年9月16日、それは突然のことだった。

「いきなり警察官が自宅にやってきて、手錠をかけられたのです。腰にひもを回されたとき、どうしてこんなことになったのか、まったく理解できませんでした」

京子さんは、殺人未遂容疑で逮捕されたのだ。

記事をツイート 記事をシェア 記事をブックマーク