国際・外交 中国 アメリカ 北朝鮮

習近平がトランプに呑ませた「スーパー・ビッグディール」の中身

そして北朝鮮空爆は「延期」された…
近藤 大介 プロフィール
このエントリーをはてなブックマークに追加

「2017年11月9日」の歴史的意義

2017年11月9日は、「習近平外交勝利の日」として、中国外交史に刻み込まれるに違いない。

それは第一に、「これからはアメリカに伍していける」と確信を持った日としてである。

1979年のアメリカとの国交正常化以来、中国はアメリカに対して、コンプレックスを抱き続けてきた。それが初めて氷解したのは、2008年の北京オリンピックの成功によってだった。それから10年近くを経て、今回のトランプ大統領の訪中で、少なくともアジアにおいてはアメリカに伍していけると、確信を持ったのである。

第二に、習近平主席が、「ユーラシア大陸に覇を唱えた日」として。「今後のユーラシアは中国が牽引していく」と、アメリカに認めさせ、アジアに感じさせ、「一帯一路」という中国のユーラシア大陸戦略を推進していけると自信を持った日であった。

第三に、中国国内において、ますます習近平主席の権威付けに成功した日として。中国では、「外交は内政の延長」だが、習近平主席にとって、先月の第19回共産党大会が権威付けの第一弾なら、トランプ大統領の訪中は第二弾だったというわけだ。

このように、習近平政権にとって大きな意味と意義を持った「11月9日」を、詳細に振り返ってみたい。

〔PHOTO〕gettyimages
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら
記事をツイート 記事をシェア 記事をブックマーク