企業・経営 週刊現代

西田厚聰元会長・東芝のドンの告白「戦犯と呼ばれて」

「僕は悪者。だが、メディアも悪い」
週刊現代 プロフィール

<西田氏をめぐっては、社長時代の'06年にWHを6000億円以上の「高値」で買収したことが東芝の経営を圧迫し、不正会計の温床になったとの批判もある。

'11年の東京電力福島原子力発電所事故を受けて以来、東芝の原発事業は暗礁に乗り上げ、西田氏が描いた成長シナリオからも外れていった。西田氏はそんな原発事業についての想いも語った。>

Photo by GettyImages

まずは'06年当時の状況をよく見てほしいです。高額だったと言う人がいますが、それをやったのは我々ではなくて……。

あの時は2回目のビッド(入札)で東芝が(WHを)購入できたにもかかわらず、そこで「思い切った価格を出したい」と言ってきて、第3回目、第4回目のビッドにまで我々を引きずり込んだ、日本の他の会社(編集部注:三菱重工業)があるんですよ。

そのために値段が吊り上げられて、結局、(当初購入できる予定だった価格の)倍になってしまった。そんな国際商慣習に反するような会社が日本に存在していたということが、もう大変な間違いなのではないでしょうか。

東芝では当初から、WHをアメリカの会社が買ったとき、日本の会社が買ったとき、東芝の原発事業にどういう影響が出るのかというシミュレーションは作らせていました。

そのうえで、東芝がWHを購入して原発事業を推し進めていかないと生きる道がないと決めたんです。それを原発事故が起こってから、「買ったのが間違っていた」などと馬鹿げたことを言う人がいる。どうしてそういう発想をするのかね。

 

事故後については、マネジメントの問題ですよ。あのような大事故があった後というのは、世界の原発事業はこれからどうなっていくか、日本の国民はもちろん各国の国民も福島原発の事故をどういうふうに見るのだろうということも含めて、将来の展望をしっかり描かなくてはいけない。

そうした議論をベースにしてもう一度、原発事業の構造改革をしなければいけなかったんです。だけどそれは言うは易く、なかなかやることは難しい。これから25年後に原発はどうなっているのかということを正確に言える人は誰もいなかったんだと思います。