photo by Getty Images
政治政策 政局

結局、希望の党の「経済スタンス」が見えないという大問題

「保守」なのか「革新」なのか

希望の党の方向性はこれから

希望の党の共同代表選びが始まった。所属国会議員による選挙で決めることになっており、11月8日に告示、10日に開票される。いずれも民進党出身者の大串博志氏、泉健太氏、玉木雄一郎氏が真っ先に立候補を表明。これに渡辺周氏なども加わり、混戦模様だ。

選挙の結果、誰がトップになるかによって、希望の党が向かう方向は大きく変わりそうだ。希望の党は小池百合子・東京都知事が代表を務めるが、選挙の敗北を受けて小池氏は都政に集中する方針を示している。このため、今回選ばれる共同代表が実質的に国政における希望の党の方向性を決めることになる。

そんな中で、希望の党所属の議員は大きく2つグループに分けられる。ひとつが、実質的に元の「民進党」に戻ろうという議員たちのグループ。今回の総選挙での希望の党の当選者50人のうち40人は民進党から合流した議員だということもあり、元の仲間である立憲民主党と協力関係を築いていくことを模索しようというグループだ。大串氏や渡辺氏はこうした方向に動くのではないか、とみられている。

もうひとつのグループは、もはや民進党では選挙は戦えないと割り切っている議員たち。玉木氏らは当選者の平均年齢が40歳台であることをアピール、「新しい党」であることを前面に打ち出すべきだとしている。左派色の強い立憲民主党とは一線を画し、小池氏が打ち出した「寛容な改革保守政党」という枠内で、中道勢力を結集する核を作るという戦略のようだ。こうした議員の多くが、仮に民進党として選挙を戦った場合でも、大敗北を喫したのは間違いないという見方を持つ。

 
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら
新生・ブルーバックス誕生!