Photo by iStock
野球

ドラフト1位の元投手が、今だから語る「ドライチ裏工作」秘史

留学、ケガ、進学希望…隠れ蓑は様々!

清宮幸太郎のプロ入りで、大きな盛り上がりを見せた今年のドラフト会議。ドラフトでは、他球団を出し抜いて優秀な選手を手に入れるため、ときに熾烈な駆け引き、裏工作が行われることもある。ドラフト1位選手に連続取材し、『ドライチ ドラフト1位の肖像』を上梓したノンフィクション作家・田崎健太氏が描く、驚くべき往年の秘話とはーー。

他球団のスカウトを欺くために

今年のドラフト会議の中心はやはり早稲田実業の清宮幸太郎だった。7球団が1位指名、抽選で北海道日本ハムファイターズが交渉権を獲得した。

自らもドラフト1位――ドライチであった、元ヤクルトスワローズの荒木大輔は清宮について、こう語る。

「素質があるのは間違いない。どんなにピッチャーのレベルが低くてもホームランを百本も打てないですよ」

早稲田実業の先輩にあたる荒木は北海道日本ハムファイターズの二軍監督に就任。今後、清宮を指導することになる。

ドライチ、あるいはドラフト上位で指名される選手は素材として一級である。ただし、それだけではプロで成功しないと荒木は言う。

「プロに入ったら、彼よりも(実力が)上の人間ばかり。そういう人たちの話を素直に聞き入れるかどうか。聞き流すような子だったら駄目でしょう」

プロで成功するか、しないかはドラフト会議の時点では分からない。ドラフト会議の要諦はいかに能力の高い素材を仕込むか、だ。

目をつけていない〝隠し球〟を仕込む、他球団のスカウトの目につかないように留学させる、あるいは怪我、進学希望という隠れ蓑を使わせる――。

こうした策略が最も用いられたのは、80年代。その中心は根本陸夫のいた西武ライオンズだった。

78年、根本はクラウンライター・ライオンズの監督に就任。このシーズンの終了後、国土計画が買収、西武ライオンズとなった。

根本はこの新しいチームの管理部長として石毛宏典、伊東勤、ドラフト外で秋山幸二などを獲得し、黄金時代の礎を築くことになった。

ライオンズ時代の最後の大仕事となったのが、88年のドラフトだった。

 

「プロには行かない」とウソをつく

ある日、前田幸長は、父親からこう言われたという。

――お前は西武から6位指名される。他の球団から指名されないために、大学に行くと言いなさい。

前田はこの年、夏の甲子園で準優勝となった福岡第一の左腕投手だった。

「寝業師と言われていた西武の根本陸夫さんが、人を挟んで、うちの親父とやりとりをしていたらしくて」

81年、プロ入りを拒否、社会人野球の熊谷組入社が内定していた左腕投手がいた。ライオンズはその投手を6位で指名、入団させた。

現在、福岡ダイエーホークスの監督を務める、工藤公康である。

工藤と同様の形で根本はライオンズに入れようと考えたのだろう。

しかし、前田は6位ということが気に入らなかった。

「1位じゃないと嫌だというと、今度は2位で行くと言われたんです。ぼくは調子に乗っていましたから、2位でも嫌だと。それで1位で行くと聞かされました」

そして前田は「自分は進学する」「プロには行かない」と口にするようになった。