野球

プロ野球「CSルール」こう変えてしまったらどうだろう

やっぱり問題アリでしょう

CS、ルールを変えませんか?

「いやあ、何というか。残念でしたねえ」
「さぞかし、気を落としておられることでしょう」
「大丈夫ですか?」

このところ、会う人ごとに、ずいぶんと気を遣わせてしまっている。広島カープがCSファイナルステージに敗退して、日本シリーズに出られなかったことについてである。

「まぁ、仕方ないですよ。そういうルールになっているんだから」
「でも、今のCSの制度には問題がありますよね」

多くの方が、今年のペナントレースから考えれば、福岡ソフトバンクと広島で日本シリーズをやるのが妥当だったと感じているらしい(それはお前の知人だけだろうと言われればそうかもしれないが)。もちろん横浜DeNAと、アレックス・ラミレス監督の果敢な采配には、大いに敬意を表することにやぶさかではない。

ソフトバンクが3連勝した時点で、やはりDeNAでは役者不足だよ、という意見も聞かれたが、そんなことはない。仮にDeNAが3連敗のあと4連勝しても、全然驚かない。たとえ、ソフトバンクのほうが総合力が上であったにしても、だ。なぜなら、短期決戦とは、そういうものだから。

だからこそ、どのチームが日本シリーズに出場するかというのは、いわば日本シリーズの尊厳にかかわる重大な問題なのである。本来、セ・パ両リーグの優勝チームが当たるべきなのだから。

問題は制度にある。

 

今年と同様のことは、たとえば2014年にもあった。優勝した巨人が、2位阪神に4連敗してCS敗退してしまったのである。

このときの首位巨人と2位阪神のゲーム差は7。今年の広島と2位阪神のゲーム差は10、3位DeNAとはなんと14.5ゲーム差である。

このことから、優勝チームのアドバンテージをゲーム差によって変えるべきだという議論がある。

たとえば、10ゲーム以上開いたらアドバンテージを2勝にする。あるいは、15ゲーム以上開いたら3勝与える。現行システムの改善案としては、妥当な線かもしれない。
少なくとも負け越したチームは、たとえ3位以内でもCSに出場できない、というのはルールに入れてほしいですね。

ともあれ、日本シリーズである。

まずは、なんといっても第2戦、7回裏2死満塁。中村晃のタイムリーで本塁突入したソフトバンクの二塁走者、今宮健太のヘッドスライディングではないか。これで4-3と逆転し、デニス・サファテで逃げ切って、2連勝とした。シリーズの行方を左右すると言ってもいいプレーだった。リプレー検証が長くかかったから、何度も見たが、たしかに左手の指が捕手・戸柱恭孝のミットの下に入り込んでベースにタッチしているように見える。

このプレー、「三塁を蹴ってヤバイなと思ったので、足でいかなくて、(タッチされにくい)頭で行こうと切り替えた」(『日刊スポーツ』10月30日付)のだそうだ。シリーズの行方全体が今宮の指にかかったような、究極の判断だった。

ついでに言えば今宮は、8回裏の守備では、ホセ・ロペスの完全な三遊間のヒットを、追いついて大遠投で刺している。まるで、メジャーの一級品の肩である。今宮と菊池涼介(広島)が二遊間を組んだら、面白いだろうなあ。