「事業仕分け」にまつわるニセ情報には呆れます
第2弾の前半戦を終えて

 事業仕分け第2弾の前半が終わりました。

 終わる前からというか始まる前からメディアでいわれていたのが、
「この事業仕分けで鳩山政権の支持率アップを狙う!」
でした。

 仕分けの枝野大臣も、民間の仕分け人の方々も、国会議員の仕分け人たちも、そして私も
「この事業仕分けで鳩山政権の支持率アップを狙う!」
なんて思って仕分けをしたこと、1秒たりともありません。
これは、私がメディアに出るたびに申し上げていることです(キリッ)。

また、直前に鳩山総理と仕分け人たちが懇談したときに、
「(支持率を上げるように)よろしく頼む」
のようなことを「首相周辺」が「仕分け人たち」におっしゃったという報道もありましたが、総理も、その「周辺」も、そういうことを「私たち」に向かっておっしゃったこともありません。「頼む、といった」と書いた記者さんにいったのかどうかは、私にはわかりません。
(こういうニセ情報をわざわざご丁寧に私が出演している番組で流すんだから……)

 内閣支持率に関して、仕分けが終わった直後の30日に20%に続落している、と配信した通信社もあります。

 支持率が落ちていることは真摯に受け止めなければならないですが、なんらかの意図が感じられますね。

 前回より表情が優しくなった、言い回しが丁寧になった、笑顔でいることさえもメディアで取り上げられましたが、前回と変わらないですよ。

 前回では私のきつい表情、激しい口調を、メディアが切り取っただけ……じゃないかもしれませんが(苦笑)、これは冒頭のニセ情報とは違って、「編集」ですから、私もメディアにいましたのでわからないではないです。

 わからないでもないですから、逆に「全部見せる」ことをしました。

 インターネットで議論のすべてを公開しました。ネット配信の会社にご協力お願いして、5社でそれぞれ生中継してもらいました。

ネット中継をした理由

 東京にいれば仕分けの会場にも来ていただけます。今回もたくさん傍聴にいていただきました。ありがとうございました。

 でも、東京や首都圏以外にお住まいの方々には、それはムリです。前回は、2週間の期間があって、広い体育館でしたので、東京見物に来たついでに仕分けの会場に寄ってみた、という方も多かったです。

 今回は、4日間で、会場も狭かったので、前回ほど「どんどん来てください」とはいいにくかった。

 だから、ネットで中継してもらいました。

 このコラムでも書きましたが、これは行政刷新会議の若い官僚さんたちのアイディアと尽力で実現したことです。そして、仕分け専用のweb siteを作ってくれた民間の技術者の方々の徹夜の苦労のたまものです。

 事業仕分けもたくさんの人々に支えられています。
これらの方々も、内閣支持率のアップのために働いてくれたのではありません。……よね?
 

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら