サッカー

「必ず21歳以下をスタメンに」Jクラブを活性化させた新ルール

優勝争い・残留争いにもいい影響が

同じことを愚直に繰り返し、結果につなげる

29日にJ1の第31節が各地で行われ、優勝争いは鹿島アントラーズと川崎フロンターレの2チームに絞られました。降格争いも数チームに絞られてきましたね。優勝争い、降格争いの真っ只中にいるクラブのサポーターにとって、手に汗握る時期となりました。
 
まずは、優勝争いから見てみましょう。30節終了時点で首位鹿島の勝ち点は64。2位川崎Fの勝ち点は62。両者の差はわずかに2でしたが、31節に鹿島は札幌相手に2対1と勝利を収めました。川崎Fは柏レイソルと2対2の引き分け。残り3節で勝ち点差は4に開きました。これは大きいですね。

鹿島は後半2分にMF三竿健斗のプロ初ゴールで先制しますが、15分にMF兵藤慎剛のミドルシュートで同点に追いつかれました。引き分けもよぎりましたが、10分後にエースのFW金崎夢生がきっちりと決めて見事勝ち越し。金崎がうまく左サイドに流れながらDFラインの裏に走り込んで決めました。

 

金崎は前半から何度もDFラインの裏に走り込んでいました。オフサイドにかかる回数も多かったものの、しつこく同じ動きを繰り返したことが結果につながりました。彼の持ち味が存分に出た素晴らしいゴールでした。このかたちをやり続けたことで、札幌DF陣の一瞬の隙を突きましたね。同じ動きを愚直に繰り返し、DFラインに穴を開けた金崎は素晴らしい。ここ一番での粘り強さが出ました。
 
一方、川崎Fにとっては柏を相手に手痛いドロー。10月25日に行われた天皇杯でも柏に敗れています。ここでしっかりと立て直して勝ち切る力が欲しかった。優勝を経験しているチームとしていないチームの勝負所の差が出てしまったなぁ、という印象です。選手全体の意識、集中力の差が結果に表れてしまった。川崎Fは1つタイトルを獲るだけでも随分変わると思います。ルヴァンカップでは決勝に駒を進めています。ここでまずは1つ、タイトル奪取といきたいですね。
 
次節は日本代表の欧州遠征と鹿島の対戦相手である浦和レッズがアジアチャンピオンズリーズで決勝に駒を進めた関係もあり、日程が変則的です。鹿島対浦和は11月5日にカシマスタジアムで行われ、川崎Fは18日にガンバ大阪と等々力陸上競技場で試合をします。鹿島が勝ち、なおかつ18日に川崎Fが負けると鹿島の優勝が確定。いずれにしても鹿島は目の前の戦いに集中して臨むべきですね。

新生・ブルーバックス誕生!