Photo by gettyimages
企業・経営

コメ兵・社長が語る「新品である、よりもだいじなこと」

MBA流経営哲学

創業1947年、中古の高級時計、バッグ、宝石などを扱う老舗・コメ兵を取材した。「いらんものはコメ兵へ売ろぉ~う!」のCMで、創業の地・東海地方で高い知名度を誇る同社だが、近年は全国へ進出、東証二部上場企業へと成長している。創業家出身の石原卓児社長(45歳)は、MBAを取得し業績を一気に伸ばしたやり手だった。

コメ兵の石原卓児社長

中古品だからこそ「信用第一」

【信用】

リユース市場の企業は「新品以上に信用が大事」だと思っています。例えば仕入れ。メーカーに発注するのと違い、当社はお客様からお譲りいただかなければお店に商品が並べられません。だからバイヤーは、例えば「この時計の黒は人気があるから高く売れる」というように、市場を知り尽くした上で、お客様に信頼いただける価格を提示し続ける必要があります。

当社は品質管理も徹底しており、例えば時計の針の磁気まで抜いています。腕時計を電子レンジやテレビの近くに長時間置いておくと、金属が磁気を帯び、時間が狂いやすくなるのです。このように、見えない部分までやらなければ中古品に対するお客様の不安を払拭できません。

接客や店舗デザインも同じで、雑然と並べるなどもってのほか。お店の雰囲気から「リユース品を使うのは賢いこと」「ここの商品なら大丈夫!」と感じていただく必要があります。きれい事でなく、我々には新品以上の「信用」が求められるのです。

【学び】

業績が伸びたのは、組織や商品の流れを全面的に改革したからです。それまで、当社のビジネスは「我流」でした。例えば仕入れた商品は、店員の手があいたときに検品し、商品化していました。しかし、これでは店が忙しいと生産性が悪くなり、商品化が追いつかなくなります。そこで名古屋に商品管理専門の部門を設置して検品と商品化の機能を集約し、効率化と社員の技術向上を同時に実現したのです。

また、バイヤーの接客や査定・真贋の見分けは先輩が時間のあるときに後輩に教えるという形をとっていたのですが、教育大学を出た優秀な社員に頼んで、社員教育プログラムと研修制度をつくってもらいました。

彼を店舗からバックオフィスに移すのは短期的に見れば戦力ダウンでしたが、長期的には大きなプラスがありました。限界を突破するには、皆で「学ぶ」しかない。私自身、商品展示の専門家にいろいろ教えてもらいました。

ただし先生たちはリユース市場の専門家ではない。そこで、社内で展示の先生となるような人材を育成しました。これも大きなプラスになりました。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら