Photo by iStock
エンタメ 中国

元「モー娘。」メンバーが抗日ドラマに出演…!中華系「あの人は今」

何人覚えていますか?

芸能界やニュースの世界では、様々な人たちが次々と一世を風靡して、また消えていく。これはかつて日本のメディアに登場した中国人や台湾人たちも例外ではない。そこで今回は、そんな中華圏の懐かしい人々がいま何をしているのかを、本人たちのSNSや中華圏の報道をもとにご紹介してみることにしたい。

(なお筆者の世代的な理由から、取り上げる人たちは1990年代~2000年代の有名人が多くなった。ご了解いただきたい。)

元「モー娘。」ジュンジュンの場合

[本名:李純 モーニング娘。第8期元メンバー 現在29歳]

まずは「モーニング娘。」の第8期メンバーとして2007年から2010年まで活動し、可憐な容姿から日本でのファンも多かったジュンジュンの現在から紹介していこう。彼女は「娘。」を卒業後に帰国してからは北京電影学院で演技を学びなおし、中国国内では歌手としてより女優をメインに活躍。いつしか芸名を李沁謡に変更し、2014年末に音楽プロデューサーと結婚した。

現在でも微博(中国版ツイッター)に「娘。」時代の経歴を載せ、当時の写真をツイートしたりもしているため、日本で暮らした青春時代は割とよい思い出であるらしい。2015年に亀を飼って「えり」と名付けたとのこと(ジュンジュンは同時期に同グループを卒業した亀井絵里と仲良しだった)。

 

中国国内での女優活動は、最初は学園モノや青春モノに出ていたのだが、2016年には満州事変を描いた抗日ドラマ『東方戦場』で、極悪非道な日本軍の奇襲を受けて殺される中国共産党地下党員の女性記者役を演じることとなった。

※抗日ドラマで中国共産党の女性党員役を熱演するジュンジュン。かつては「ニッポンの未来は」と歌っていたはずなのだが、もはや遠い世界に行ってしまった。『新波電影』より。

ジュンジュンはさらに、新疆ウイグル自治区の開拓屯田兵・新疆生産建設兵団の成立60週年を紀念する愛国国策映画『伊犁河谷』(2016年公開)にも主要な役柄で出演。政治的にヤバい匂いが漂う役を次々ともらうようになっている。今後の彼女がどこに進んでいくのか注目したい。

セレブだらけな中華女性芸能人の面々

他の中国・台湾系グラドルや女性芸能人のいまについても見ていこう。彼女らは日本のテレビや関係者のブログなどで動向が伝えられている例も少なくないので、記述は比較的あっさりと済ませたい。

<1.リンリン>

[本名:銭琳 モーニング娘。第8期元メンバー 現在26歳]

2010年の「モー娘。」卒業後に帰国。同期のジュンジュンとは違い、中国では多少の歌手活動やイベント出演をするくらいで芸能活動は低調だったが、2014年11月に不動産会社の社長と結婚して翌年に出産。やがて日本テレビの取材を受け、浙江省内で5億円相当の豪邸に住んで、後進アイドルたちのプロデュース業をおこなっていることを明かした。

<2.ローラ・チャン>

[本名:陳怡 元グラビアアイドル・タレント 現在30歳]

現在は「ローラ」と言えばモデルのバラドルのほうが有名だが、ゼロ年代はこちらのローラ・チャンのほうが有名だった。グラビアアイドル兼タレントで、2008年にはNHKの中国語会話にも出ていた浙江省杭州市出身の中国人女性である。

彼女は2012年に日本での芸能活動を切り上げて帰国。本人の微博やインスタグラムによれば中国国内で2016年10月に結婚、翌年4月に男の子を出産。本人が公開した写真を見る限り、大富豪ではないがそこそこ豊かなおうちに嫁いだ模様だ。

余談ながら、2010年に私(筆者)の知人がたまたま旧正月の帰省途中の彼女と飛行機で隣に乗り合わせたことがあり、そのときの彼女は父親のために手作りしたバレンタインチョコを大事そうに持っていたとのこと。いい人である。

※本人の微博で結婚報告をするローラ・チャン。インスタを見るとその後も幸せに暮らしているみたいでなにより。

<3.インリン様>

[本名:顔垠凌 グラビアアイドル・歌手など 現在41歳]

やはりゼロ年代に「エロテロリスト」の二つ名でブレイクしたグラビアアイドル兼歌手(ほか活動多数)。無国籍的なイメージが売りの日本育ちの台湾人で、けっこう喋れるエンターテインナーだったことからバラエティ番組でも人気であった。2004年からはプロレスのハッスルに「インリン様」として参戦。

2008年に日本人男性と結婚し、やがて台湾に移住。現在は2男1女の母で、芸能活動は完全にやめてはいないもののアメーバのオフィシャルブログの内容は完全に育児ブログに変わっている。ママがんばれ。

<4.ケディ>

[本名:丁愷蒂 ブラックビスケッツ元メンバー 現在35歳]

1990年代後半、日テレの『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』の企画ユニット、ブラックビスケッツのメンバーだったことがある上海出身の元気娘。同ユニット加入中にリリースした『Bye-Bye』は68万枚を売り上げた。

ケディは2000年に帰国。その後、ゼロ年代には何度か日本で芸能活動を再開したり、故郷の上海でちょっと活動したりしていた。やがて2015年に来日した際には、すでに結婚して小さな子どもがおり、赤ちゃん用品を爆買いしていたことが天野ひろゆきのブログで明らかにされた。

結論から言えば、全員が結婚して子持ち。更にみんな比較的裕福で幸せになっているというすごい結果に。日本人のアイドルが、人によっては悲惨な末路をたどる例も多いのと比べると奇跡のようである。中華系女性タレントは、帰国や移住という形で日本の芸能界と完全に「切れる」ことが可能なので、第二の人生の幸せをつかみやすいのかもしれない。

なお、他の有名人だと1990年代に電波少年シリーズでおなじみだったチューヤン(本名は謝昭仁、現在45歳)がいる。彼は2005年に香港に帰国後、芸能人から裏方に転身して現在は香港のラジオ局・香港商業電台でクリエイティブディレクターを務めている模様で、ネット検索するとたまにイベント企画者などのスタッフとして名前が出ている。