Photo by Getty Images
株価 金利

「株価高騰」どこまで続くかは、実は意外なモノで測れる

この数値には要注意

株高でも油断できない、ある人事

10月に入り、世界的に株価が上昇基調で推移している。18日には、日経平均株価が12営業日続伸し21,363.05円に到達した。米国のダウ工業株30種平均株価も23,000ドル台を突破して最高値を更新した。

先進国だけでなく新興国でも株価は上げ基調だ。短期的な調整はあるだろうが、当面、こうした堅調な展開が続くと見られる。

 

一方、足元の世界経済を俯瞰すると、地政学や政治などリスク要因は多い。特に、欧米など主要国の金融政策の動向には注意が必要だ。米国と中国の両方で、中央銀行の次期トップ人事が進められているという。

仮に、中央銀行のリーダーの変更に伴って主要国が速いペースでの金融引き締めが必要との考えを示すなら、世界の株式市場を覆う楽観は急速に剥落する恐れがある。

現状、世界全体で景気は緩やかに回復している。近年の世界経済のヒストリーを振り返っても、米国、アジア、ヨーロッパとグローバル経済全体で景気が安定している状況は珍しい。

その中で、米国ではトランプ政権が税制改革に向けた取り組みを進めている。企業業績に関しても、基本的には増益が見込まれている。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら
新生・ブルーバックス誕生!