Photo by iStock
金融・投資・マーケット 経済・財政

日経コラム「つみたてNISAの違和感」に対する私の違和感

「アクティブ投信も必要」ってホント?

「日経新聞の違和感」に違和感

日本経済新聞の投資情報面にある「一目均衡」というコラムに、「つみたてNISAの違和感」というタイトルの記事が載った(2017年10月17日朝刊19面、執筆者は証券部次長の山下茂行氏)。筆者は前回の本連載で、一般投資家に対して、つみたてNISAをお勧めしていたので大いに気になった。

コラムは、つみたてNISAの申し込みが始まったことと、この新制度が「貯蓄から投資へ」の推進役として期待されることを紹介した後、「この新制度に対して『違和感』を訴える声が運用業界から出ている」と述べている。

違和感の対象は、つみたてNISAが信託報酬の安いインデックス型の投資信託(以下「投信」と略す)を多数選んで、アクティブ型の投信の大半を排除したことだ。

 

コラムは「行政が商品選びにまで細かく立ち入っていいのかという疑問もある。違和感の根は深いように見える」と、行政批判まで付け加えて、「違和感」に同意しているので、運用業界の一部の声だけでなく、執筆者自身の意見でもあるように読める。

実際に、10月13日時点で、「適格」とされている114本の投信のうち、アクティブ型は14本にとどまり、日本株で運用するファンドは6本しかないという。

つみたてNISAでは、アクティブ型投信に、信託報酬が1%以下で資金流入している時期が多いなどの条件を課している。

正直なところ、筆者から見ると、「少し緩いのではないか」、「アクティブ・ファンドを『少しは』入れたいと考えて、敢えて条件を緩めたのではないか」という感想を持つのだが、つみたてNISAにもっとアクティブ投信がある方がいいというのは正しい意見だろうか?

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら
新生・ブルーバックス誕生!