『コウノドリ』TBS 系
医療・健康・食 生命科学 エンタメ ライフ

『コウノドリ』モデル産科医が明かす「出産現場のリアル」

涙の物語は、真実から生まれている

僕が大切に机に置いている座右の書があります。

当時幼稚園生だった、お子さんからもらった手紙です。これがなかったら、僕はいま産科医ではなかったかもしれません――。

荻田さん提供

250回に一回は母児への危機がある

ドラマをご覧になったり漫画をお読みになったりするみなさまの中は、もしかしたら「本当に周産期医療の現場であれだけドラマティックなことが起こっているのか?」と感じられた方もいるかもしれません。

産婦人科医は多分一生のうちに数千件の分娩を扱うと思います。だから、十数人の命に関わる症例に直面する計算になります。僕の勤めている周産期センターは、そういった重症例が日常的に搬送されてきます。不遜な言い方になりますが、野球にたとえると「地方大会の決勝戦」みたいなものです。

漫画もドラマもそれを更にぎゅっと凝縮して「甲子園のベストエイト」級のエピソードだと思って頂ければいいです。

10月13日からパート2の放映が始まったTBSドラマ『コウノドリ』。産科医にしてジャズピアニストという異色の鴻鳥サクラを主人公としたドラマで、鈴ノ木ユウさんの漫画を原作にしたもの。2015年のパート1放映後も続編を望む声が多かった人気作だ。人気の理由は、なんといってもそのリアリティ。周産期医療の現場で起きる命の奇跡に、毎回ツイッターでも「泣きすぎてカラカラ」「覚悟をきめてみたけど泣けていかん」etc……と涙の嵐。そこで、「これだけドラマチックなことは本当に起きているのか?」について、自ら綾野剛が演じているサクラのモデルになった荻田和秀医師(大阪りんくう総合医療センター泉州広域母子医療センター長)に事実について証言してもらった。荻田医師が本音満載で書いた著書『妊娠出産ホンマの話 嫁ハンの体とダンナの心得』からの引用とともにご紹介する。
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら
新生・ブルーバックス誕生!