写真:著者提供
国際・外交 ライフ 中国

貧乏中国人がネパール「爆買い旅行」に殺到するワケ

現地ガイドと「悪さ」する客も

「海外初心者」丸出しで…

ネパールの首都カトマンズの中心部に、ホテルやレストラン、土産物屋や旅行社が軒を連ねるタメルという地区がある。80年代のヒッピーブームの頃から、世界各国のバックパッカーや登山者、長期滞在者を集め、今も根強い人気を誇るツーリストエリアだ。

近年、そんなタメルに異変が起きている。一昔前までは、ほとんど見かけることのなかった中国人観光客が、どっと押し寄せてきているのだ。

 

所得の向上や受入国側のビザ要件の緩和に伴い、中国の海外旅行者数は増加の一途をたどっている。2005年には3000万人程度だった出国者数が、2015年には1億3000万人強と、10年間で4倍以上の増加。旅行好きで知られるドイツ人の出国者数8000万人を軽く抜き、世界最多の海外旅行者を排出しているのである。

彼らの渡航先は、香港・マカオ、タイ、韓国、日本などのアジア周辺地域や欧米などで、全体の80パーセントを占める。それに比べれば、ネパールを旅先に選ぶ人の数は格段に少ないのだが、それでも12万3000人(2013年)に上る。もっとも多いインドからの旅行者13万5000人、3位の米国からの旅行者4万9000人、6位の日本からの旅行者2万5000人と並べてみると、中国人旅行者が占める割合はかなり高いといえる。

ネパール旅の形態は、バックパッカーをはじめとする個人旅行が主流だが、中国の人々は、たいていパッケージツアーのスタイルだ。しかも、老若男女が入り混じった大団体。その大半が海外旅行の初心者である。

初の渡航先を、香港・マカオ、タイ、韓国、日本、欧米といった人気の地ではなく、いかなる理由でネパールを選ぶかといえば、ズバリ、予算の都合だ。

日本のネパールツアーの相場は、1週間で27~28万円である。一方、中国のツアーは、15万円程度と10万円以上も安い。これほど差が開いているのは、さまざまなところで経費が抑えられているからである。

タメルには、英語が苦手な中国人観光客のために、漢字表記の貼り紙が目立つ。「魚釣島是中国的」と大書してご機嫌を取る店も(写真:著者提供

もっとも顕著なのは、国内交通費だ。カトマンズから西に約200km、標高800m地帯に位置するポカラは、白く輝くアンナプルナ山群が望めることで有名な観光地。大半のツアースケジュールに組み込まれているのだが、カトマンズからの移動は国内線を使うが一般的である。ところが、中国ツアーは、国内線よりはるかに安価な大型バスを利用しているのだ。

国内線なら所要時間25分のところ、バスはつづら折りの道を6~7時間も走らねばならない。限られた旅の時間を有効に使うとすれば、前者を選びたいところだが、中国ツアーにその選択肢はない。そもそも、旅慣れていない中国の人々は、ポカラへの移動手段に国内線があることにさえ気づいていなかったりする。それをいいことに、あたりまえに陸路移動を強い、経費削減を図っているのである。

観光スケジュールも、最低限のポイントしか組み込まれていない。プラスアルファを求める場合は追加料金を支払うことになる。食事も中華レストランで質より量の大皿料理を供し、ドリンク類は各自で別注文するシステム。このように、さまざまなところで経費を抑え、格安ツアーが成り立っているのだ。かくして、日本や欧米を旅するほどの経済力はないまでも、エコノミークラスの旅行であれば大丈夫という海外旅行初心者が、ネパールを訪れているというわけである。