〔PHOTO〕gettyimages
政治政策 中国

明日始まる共産党大会のあと、中国は「習近平の国」となる

史上最大の「実験国家」が動き出す

「いまの習近平」が詰まった文書

中国を巨大な会社にたとえると、18日から始まる第19回共産党大会は、株主総会のようなものだ。

会社の株主総会は年に1回開かれて、中国共産党の全体会議もほぼ年に1回だが、5年に一度、特大の全体会議が開かれる。それは社長の任期が切れる時の株主総会のようなもので、幹部人事が大幅に入れ替わる。それが18日からの共産党大会だ。来週中には、幹部人事と方針の全貌が明らかにされる見込みだ。

この重要な共産党大会に先駆けて、10月11日から14日まで、第18期中国共産党中央委員会の最後の全体会議、第7回全体会議が、北京の京西賓館で開かれた。

以下は、そこで発表された公報(コミュニケ)を訳したものだが、ほぼ習近平総書記の主張通りの内容と思われる。共産党用語満載で難解な表現もあるが、そのあたりは読み飛ばしていただいても構わない。習近平総書記が、いま何を考えているのかを、ざっくりと掴み取っていただければと思う。

 

〈 中国共産党第18期中央委員会第7回全体会議が、2017年10月11日から14日まで、北京で開催された。中央委員191人、中央委員候補141人、中央紀律検査委員会委員及び関係責任者同志が、会議に列席した。

全体会議は、中央政治局が主催した。中央委員会総書記の習近平は、重要談話を述べた。会議では、中国共産党第19回全国代表大会を、2017年10月18日に北京で行うことを決定した。

全体会議は、中央政治局の委託を受けて習近平が行った活動報告について聴取し、討論した。会議では、党の18期中央委員会の中国共産党第19回全国代表大会へ向けた活動報告について討論し、通過した。また、党の第18期中央紀律検査委員会の中国共産党第19回全国代表大会へ向けた活動報告についても、討論し通過した。さらに、「中国共産党党規約(修正案)も討論し、通過した。

以上の3件は、中国共産党第19回全国代表大会の審査と審議に諮るものとする。習近平は、党の18期中央委員会の中国共産党第19期全国代表大会に向けた報告討論草稿を、全体会議で説明した。また劉雲山は、「中国共産党党規約(修正案)の討論草稿を、全体会議で説明した。

全体会議は、党の第18期6中全会(第6回全体会議)以来の中央政治局の活動について、十分に肯定した。この一年来、中央政治局は、中国の特色ある社会主義の偉大な御旗を掲げ、党の第18回共産党大会及び3中、4中、5中、6中全会の精神を全面的に貫徹し、マルクス・レーニン主義、毛沢東思想、鄧小平理論、「3つの代表」の重要思想、科学的発展観の指導を堅持してきた。また、習近平総書記の一連の重要講話の精神と、治国理政の新理念、新思想、新戦略を着実に貫徹してきた。

そして全党全軍全国各民族の人民を団結して引率し、穏やかな中に進歩を求める活動の総合基調を堅持し、国内と国外の二つの大局をまとめ上げ、「5位一体」の総合的状況を推進しまとめ上げ、「4つの全面」の戦略状況を協調して推進し、新発展の理念を確固として着実に貫徹し、改革の堅持を確固として推進し、清廉な党風の建設と反腐敗闘争を確固として推進してきた。

その上で、各種リスクやチャレンジに効果的に応対し、マクロコントロールを創新し完備し、穏やかな増長・改革の促進・構造調整・民政への恩恵・リスク防止のための各種活動を統合的に推し進めてきた。

そして、社会主義の経済建設、政治建設、文化建設、社会建設、生態文明建設、軍隊改革の建設の深化、香港・マカオでの積極的な活動、対台湾活動を全面的に推進してきた。かつ中国の特色ある大国外交を全面的に展開し、厳格な党治の各種活動を着実に実行し、平穏で健全な経済発展を保持し、社会の調和と安定を保持し、党の第19回全国代表大会の開催に向けて、良好な条件を造成してきた。

全体会議は、党の第18回共産党大会以来の5年間の活動を総括した。この5年間は、党と国家の発展の過程でまったく非凡な5年であり、改革開放と社会主義現代化建設は歴史的な成果を挙げたとの一致した認識を持った。5年来、習近平同志を核心とする党中央は、困難に立ち向かい、開拓前進し、旧きを新しきに改め、統治に精励し、巨大な政治的勇気と強烈な責任感でもって、具体的で多くの新たな歴史的特長を持った偉大な闘争を進行させてきた。

そして一連の新理念・新思想・新戦略を提出し、一連の重大な方針政策を打ち出し、一連の重大措置を推し出し、一連の重大な活動を推進してきた。それによって多くの、長期にわたって解決が待たれ、かつ未解決だった難題を解決してきたし、多くの過去に成しえなかった大事を成し遂げてきた。そうして党と国家の事業に、歴史的変革を起こしてきたのである。

経済建設においても、重大な成果を挙げた。改革の全面的な深化は、重大な突破点を見出したし、民主法治建設は重大な一歩を駆けだした。思想文化建設も重大な進展を得たし、人民の生活は不断に改善し、生態文明建設は顕著な効果を見せたし、強軍振軍は新たな局面を切り開いた。

香港とマカオ、台湾の活動は新たな展開に進んだし、全方位外交は深く展開し、党の全面的な厳格な統治も卓越した成果を得た。党の創造力、団結力、戦闘力、統率力、伝達力は、顕著に増強した。国家経済の実力、科学技術の実力、国防の実力、総合的な国力、国際的な影響力、及び人民の獲得感は、顕著に上昇した。

この5年来の成果は、全方位的かつ創造的である。この5年来の変革は、深層的かつ根本的なものである。このような歴史的な成就と歴史的な変革は、わが国の発展の位置が、新たな歴史的起点に立ったことを示しており、党と国家事業の発展が重大かつ深遠な意義を持つことを示している。

全体会議は、党の第18期中央紀律検査委員会の活動を総括した。習近平同志を核心とする党中央の堅強な指導のもと、各級の紀律検査委員会が忠誠心を持って党章に賦与された職責を履行し、全面的な厳格な党統治を堅持推進し、清廉な党風建設と反腐敗闘争を深く展開していることを一致して認識した。

 

また、まごうことなく中央の八項規定(贅沢禁止令)の精神を実行し、政治紀律と政治規則を厳格に執り行い、各級党組織が党を管理し統治する政治責任を推進し、巡視チェックの効果を発揮し、紀律を前面に押し出し、「4つの形態」(思想認識、責任担当、中央の要求への服従、紀律と規則が前面)を運用監督執行し、紀律検査と国家の監察体制改革を深化させた。

そして党が安心し、人民が信頼できる紀律検査監察幹部グループを作り、監督執行紀律の問責を不断に強化し、腐敗の勢力が蔓延するのを決然と抑え込み、党内の政治生態を浄化し、反腐敗闘争が圧倒する状態を形成し、堅固に発展させた。

全体会議は、党章の規定に従い、中央委員会の補欠委員だった崔波、馬順清、王建軍、李強、陳武、陳鳴明、趙立雄、趙樹叢、段春華、洛桑江を中央委員会委員に昇格させる決定を行った。

全体会議は、中国共産党中央紀律検査委員会の孫政才、黄興国、李立国、孫懐山、呉愛英、蘇樹林、楊焕寧、王三運、頂俊波、李雲峰、楊崇勇、張喜武、莫建成を、厳重な紀律違反問題で審査報告した件を審議し、通過させた。また、中央軍事委員会の王建平、田修思の厳重な紀律違反問題の審査報告も、審議し通過させた。

その上で、中央政治局が以前に孫政才、黄興国、孫懐山、呉愛英、蘇樹林、王三運、頂俊波、王建平、田修思、李雲峰、楊崇勇、莫建成に与えた党籍の解除処分、李立国、楊焕寧に与えた党内での監察2年の処分、張喜武の党内職務剝奪処分を確認した。

全体会議が強調したのは、われらが党は8900万人以上の党員を抱える大きな党であり、13億人以上の人民を指導して改革開放と社会主義現代化建設を執政する党であるということだ。

もしも党中央の権威と集中的な統一指導がなければ、また厳格な政治紀律と政治規範がなければ、また風通しよく正義を進める良好な政治生態がなければ、すなわち創造力、団結力、戦闘力は喪失し、執政の基礎と執政能力は喪失し、人民から甚だしく離脱し、人民を指導して改革開放と社会主義現代化建設を進行する歴史的重責を担うことは不可能になってしまう。

全党が必ずや牢固な政治意識、大局意識、核心意識、追従意識を樹立し、党中央の権威を決然と維持・保護し、党中央の集中統一指導に決然と服従し、思想上・政治上・行動上で、習近平同志を核心とする党中央と高度に一致し続けるのだ。必ずや党の指導を堅持し、民主集中制を堅持し完備させ、党が指導する各種活動の体制機構を堅持し、党が一切の活動を指導することを確保し、党が総合的に全局を指導することを確保し、各方面が協調するのだ。

必ずや党の理論と路線方針政策が動揺せぬよう堅持し、党中央の部署が決定した政策を欠くことなく執行するようにする。いかなる地方のいかなる部門の活動も、必ず党中央の部署が出した政策決定を前提として活動を貫徹せねばならない。党の各級の指導幹部は、特に高級幹部は、必ずや党に忠誠を尽くし、心の中に党を抱き、民を抱き、責任を抱き、戒めを抱かねばならない。

そして政治的なパワーを増強させ、規律のパワー、道徳のパワー、腐敗に抵抗するパワーを増強させ、党中央の権威と党の団結統一を維持し保護するという自覚を持ち、それらを全党のために率先して示していくのだ。

全体会議は、現在の形勢と任務を全面的に分析し、新形勢下で進行する具体的な多くの歴史的特長を持った偉大な闘争について深く討論した。

また、党の新たな偉大な工程の建設、中国の特色ある社会主義の偉大な事業の推進、民族の復興という偉大な夢想を実現するための若干の重大な問題、党の第19回全国代表大会を招集するための十分な準備についても、全面的に分析した 〉

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら