Photo by iStock
日本史 近現代史

1888年の日本では「決闘」が大ブーム、香川県も誕生した

連載:時代の空気が気になって②

ずんずん調べるコラムニスト・堀井憲一郎さんが、明治時代からの新聞を読むことで、この国の近代を生活者として追体験していく超大型連載がスタート! まるでその時代・その場所にいたかのように、歴史の教科書ではわからない「当時の空気」を描いていきます。

今回は前回に引き続き1888年(明治21年)の日本を体感してみよう。そこで流行っていたのは、ナント、決闘…!?

〔*前回はこちら gendai.ismedia.jp/articles/-/52957

虐待事件の「当たり年」

さて、遊郭「洲崎」、「磐梯潰裂」のほかに明治21年の流行語としては「虐待」と「決闘」が挙げられる。

この二つは連関している。

まず虐待の問題が起こる。

1888年8月11日に「高島炭坑々夫虐待事件」という記事が載った。

「高島炭坑の坑夫虐待事件は、かねてより噂になっていたが、雑誌『日本人』の記者が、高島炭坑で働いていたという長崎の人の投稿をもとに、その虐待の実態を天下に訴えるの記事をのせ、当局も深く関心を持ち、調査に乗り出すようである」という内容である。

つまりまず雑誌『日本人』の告発があり、そこからマスコミも騒ぎ出し、政府も調査に乗り出したのだ。

8月23日、8月26日、8月29日と「坑夫虐待事件」の詳報が載る。かなり長い記事である。

もともと炭坑で働いていたのは、明治以前の場合はほとんど囚人であり、刑罰のひとつとして炭坑で働かされており、明治になっても「最劣等の労働者」を雇っていた。そのため、労働環境は劣悪であったし、それはたとえば命が粗末にされるというレベルの劣悪さである。

雑誌と新聞あげての坑夫虐待事件の告発が始まった。

8月いっぱいを掛けて「高島炭坑々夫虐待事件」についての告発が続く。

そして8月30日からこんどは別に「大阪府監獄の囚徒虐待事件」の報道が始まった。

 

大阪府監獄では、囚徒を虐遇し、重傷者を出している、という報道である。その話を聞いた府会議員らが詳しく調査しようとしたが、監獄が拒否した。それがため大きく問題になる。大きく紙面を割いて報道している。どうやら獄卒らによる囚人への暴力がやまず、怪我をさせたり、ときには死に至らしめたこともあったらしい。

ともに社会下層における管理者の暴力問題である。

同年11月30日にはこんどは「工女虐待」という記事があり、これは「今年は虐待事件の当たり年とでも申すべきか」という文章で始まり、紡績所の工場で働く女子が虐待の模様が報道されている。

「虐待事件の当たり年」という言葉もどうかとおもうが、たしかに明治21年はそういう年だったようである。身分制度がしっかりしていた時代には見えなかったところまで、明治20年代になってやっと可視化されはじめたのだ。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら
新メディア「現代新書」OPEN!