Photo by Getty Images
トランプ政権 金融・投資・マーケット

強気の「トランプ相場」を再燃させる、虚ろな「税制改革」期待

具体的な政策は一向に示されないが…

大規模な「トランプトレード」が再来する?

足許の世界経済を概観すると、米国と中国の景気回復に支えられて、目立った懸念材料は少ない。経済専門家の中にも楽観論が増えている。

なかには昨年11月の大統領選挙から本年年初までの米株価の急上昇にみられた「トランプトレード」が、再度、大規模に進むと強気な市場参加者も増え始めている。それを支えるのが、トランプ大統領が唱える米国の税制改革への期待だ。

 

確かに、マーケットで相場をけん引しているのは税制改革期待だ。米国の株式市場は史上最高値を更新し、財政改革に投資家は心を躍らせているようだ。

だが期待は高まれど、政策の具体的な内容と効果は一向に示されていない。現実として、トランプ政権の政策運営が改善したとは考えにくい。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら
新生・ブルーバックス誕生!