Photo by Getty Images
野球

「サムライ」の精神について 菊池涼介と大谷翔平

何をもってサムライと呼ぶか

 今シーズンも、いよいよクライマックスシリーズ(CS)、日本シリーズを残すのみとなった。

優勝が決まったあとも、セ・パともに2位、3位をかけて、順位争いが盛り上がっているところを見ると、CSもすっかり日本野球に定着した、と言うべきなのだろう。

 

個人的には、ペナントレースはあくまで優勝を争うものであって、日本シリーズは優勝チーム同士で戦うべきだ、という自説を変える気はないが。
 
その本来のありようと、定着したプレーオフのシステムをどう折り合いをつけるか。

改善の余地はあると思う(少なくとも、シーズンで負け越した3位のチームが日本一になりうる、という現行制度がベストとは思わない)。
 
それはさておき、今シーズンは3月のWBCから始まったようなものなので、思えば長い道のりだった。
 
WBCといえば、準決勝敗退となったアメリカ戦。もっといえば、菊池涼介(広島)の痛恨のエラーと、その直後の打席での、執念のソロホームラン。

この2つのシーンは、いまだに脳裡に鮮明によみがえる。

「常住死身」という境地

野球の日本代表は「侍ジャパン」と呼ばれる。何をもって「サムライ」と言っているのか判然としないが、あの試合の菊池こそが、サムライ=武士なのではあるまいか。
 
この9月に、「武士道書の中の武士道書」と言われる『葉隠』が、文庫版で刊行された(『新校訂 全訳注 葉隠(上)』講談社学術文庫)。「武士とは何か」をめぐる鮮烈な言葉にあふれている。
 
有名なのは「武士道と云ハ死ぬ事と見付けたり」の一文だが、それだけではない。ちなみにこの条はこう続く。

「二つ二つの場ニて早ク死ヌ方に片付くばかり也。(略)毎朝毎夕あらためてハ死ニ死ニ常住死身ニ成て居る時ハ、武道ニ自由を得、一生越度(おちど)なく、家職を仕おおすべき也」(一-2)
 
「端的只今の一念より外はこれ無く候。一念一念と重ねて一生也」(ニ-17)
 
一つ注記しておこう。ここでいわれる「死ぬ事」が具体的に指している事態は、刀を抜いて切りかかっていくことだという点である(菅野覚明『武士道の逆襲』講談社現代新書)。

「あれかこれかのぎりぎりの場面での決着は、刀を抜いて切りかかるという仕方でつけるのが武士のやり方で、それ以外にない」(同上)のだ。そこはわれわれ現代人とは決定的に違う。

しかしながら、「あれかこれかのぎりぎりの場面」はわれわれにも訪れる。サムライであるかどうかは、そこで決まる。
 
『葉隠』は「早く死ぬ方に片付くばかり也」という。早く、すなわち考える暇もなくすぐに刀を抜く。われわれの生き方に引き寄せて言い換えるなら、考える間もなく、即座に覚悟をきめる、ということだろう。

その生き方が「常住死身」という境地を与える。いわば、どの瞬間も切りかかる覚悟=心の準備ができていれば、精神に自由を得られるのだ。
 
なにを長々とごたくを並べているのか、と思われるかもしれないが、あのときの菊池こそが、その境地だったのではないかと思うのだ。
 
まず、エラーのシーン。打った瞬間、菊池は間髪を入れず、打球のコースの正面に入っている。そこにわずかの油断もない。すでに覚悟はきまっている。
 
ただ、あまりに打球の正面に入るのが早すぎた。打球がグラブに届くまでに、一瞬の間ができた。ここで両足の動きが止まった。しかも上へはねるのではなく、横へイレギュラーした。
 
そして、ホームランのシーン。この試合、パワーを誇るアメリカ打線でさえ、1本もホームランを打っていない。雨模様で、ボールも湿気を含んでいかにも飛びにくそうだった。

では、筒香嘉智でもなく山田哲人でもなく、1人菊池だけが、しかも右打ちでライトスタンドへライナーで打ち込むことができたのはなぜか。いまの流行の言葉で言えば、菊池だけが「ゾーンに入っていた」ということだろう。それを『葉隠』は「常住死身に成て居る時」と言ったのだろう。
 
「一念一念」すなわち、「只今のこの一瞬一瞬」を、日常をつきぬけた覚悟(死身)で生きる者を、武士=サムライと言うのである