Photo by gettyimages
エンタメ

泣けて泣けて泣けた…「ひよっこ」の名セリフ【みね子の叫び編】

あの感動をもう一度④

『ひよっこ』を放送開始当初から「傑作」と断言していたコラムニスト・堀井憲一郎さんが、忘れがたい名セリフを振り返る短期集中連載(全4回)。最終回となる今回は、主人公・みね子の叫びです。

→第1回【ミツオと豊子の絶叫編】はこちら gendai.ismedia.jp/articles/-/53065

父の失踪

『ひよっこ』で、父の失踪が暗示されたのは、第2週めの8話だった。

父ミノル宛ての郵便物が、戻ってきた。

母が、東京へ様子を見に行った。

この父の失踪が、ドラマの主筋のように見えた。でも、それはある種の見せかけだった。喪失と回復が、このドラマのメインテーマになっていたわけではない。そういう構成がうまかった。しかし「父の失踪」が物語進行の芯になっていたのはたしかだ。

母の美代子は、現場にも宿舎にもミノルがいないことを確かめ、警察へ向かう。失踪人の捜索願を出した。〔11話。4/14〕

捜索願を受け付ける警官は、嘆息混じりにこう言った。

「イバラギねえ、でもね奥さん、見つかると思わないほうがいいよ、ほんとにね、イバラギから来てご苦労なんだけど」

下を向いていた美代子は、言葉強く、こう言った。

「イバラギじゃなくて、イバラ、キ、です……ヤタベミノルと言います。私は…、私は、出稼ぎ労働者を一人捜してくれと頼んでるんではありません。ちゃんと、名前があります。茨城の、奥茨城村で生まれて育ったヤタベミノルという人間を捜してくださいと頼んでいます。ちゃんと、ちゃんと、名前がありますっ(泣)。お願いしまっすっ。あの人は、ゼッタイに自分でいなぐなったりするような人ではありません。お願いしますお願いします。捜してください。お願いします」

最後は立ち上がって、涙ながらに訴えた。

このドラマの前半の、「三大の叫び」のひとつである(あとは聖火のミツオと、閉鎖のときの豊子。参照 gendai.ismedia.jp/articles/-/53065)。

強く胸に刺さる言葉だった。

この言葉を聞いて以降、とても心がけて、イバラ「キ」と言うようにしている。(キーボードで打ち込むときにさえ、気をつけている)そうさせてしまう言葉だった。

 

みね子、叫ぶ

みね子が、叫ぶのは、102話。〔7/29〕

大女優の川本世津子に、何も説明されずに、家まで付いてきてと言われ、たどりつくと、そこに、2年半前から行方不明になっていた父がいた。

しかし記憶喪失だと、世津子から言われる。みね子は信じない。

信じないみね子の叫びは、悲しく、切なく、痛切である。

世津子は、アメオと呼んでいた記憶のないミノルに語りかける。

「アメオさん……あなたの…お嬢さん。谷田部みね子さん。そしてあなたの名前はヤタベミノルさん」

そしてみね子に向き直る。

「あなたのお父さんはね、何も覚えてないの。むかしのこと。自分の名前も、どこで生まれ育ったのかも、家族のことも…」

「ウソだそんなの!」みね子は叫ぶ。

「ウソだそんなの! ウソだっ! だって、だって、お父ちゃんですよ。覚えてないなんてそんなことあるわけないでしょっ!!」

「ね、みね子だよお父ちゃん。どうしたのよっ、なんでそんな顔してんのっ! ね、みね子だよ!………お父ちゃん……やんなったんでしょ、私たちのこと。それとも何もかんも? ひどい目に遭わされて、イヤになったんでしょ。だから、いなくなったんでしょ、そうでしょ! そりゃわだしわがっから、わだしわがっから……お父ちゃんがここにいたいなら、いいよ。お父ちゃんがここにいたくて、帰りたくないなら、わたし………会わなかったごとにすっがら………帰るし……今日のごとは忘れっから………それでいいがら………生きててくれただけで嬉しいし………お父ちゃんのことを責めるつもりなんてぜんぜん、ないがら(泣)、ぜんぜん(泣)ないがら(泣)……だから(泣)…………覚えて……ないなんで……言わねえで(泣)………みね子だよ……お父ちゃん…………」

泣けた。どこまで泣くのかというくらいに泣けた。