Photo by gettyimages
エンタメ

感涙!「ひよっこ」の忘れられない名セリフ【ミツオと豊子の絶叫編】

あの感動をもう一度①

50年間、朝ドラを見続けてきたコラムニスト・堀井憲一郎さんは、『ひよっこ』を放送開始当初から「傑作」と断言していた。つい先日、最終回を迎えたこのタイミングであらためて初回から全話見なおし、印象に残った名セリフを振り返ってもらった。【全4回】

『ひよっこ』は言葉のドラマだった

『ひよっこ』は終わってしまった。朝の連続テレビ小説。

次の『わろてんか』が始まっている。

ドラマ『ひよっこ』は、ごくふつうの日常をきちんと生きろ、と教えてくれた。それに従うなら、もう終わった『ひよっこ』のことなぞかまわず『わろてんか』を見て、前を向いて生きたほうがいい。世界は動いている。留まっていいてはだめだ。

それはわかっている。

でもいま一度だけ、『ひよっこ』の言葉を振り返っておきたい。

『ひよっこ』は言葉のドラマだった。

セリフが、胸の深みに届いた。

いろんな登場人物が、それぞれの言葉をしっかり語り、別の世界を見せてくれた。世界の別の表情を示してくれた。さまざまな脇の登場人物までが、長いセリフで人生を語り、物語に深みを与えていた。

脚本の力である。それを演じた役者の力である。合わさってドラマの強い力となっていた。

その「心に残ったセリフたち」を書き留めておきたい。

いちおう、すべて私がドラマ放送から聞いて書き起こしたものである。あくまで私に聞こえたように書いた。また表記も私の責任(というか趣味というか)になっている。一部、読みやすいように省略、改行も加えてある。

でも、基本はみなが発していた言葉である。

 

ミツオの叫び

物語は、主人公みね子の高校時代から始まった。

みね子の友だちは、ミツオとトキコである(本当の表記は三男と時子)。3人は男と女ながら親友である。

やがて集団就職で東京へ出て行くミツオは、田舎での思い出のために、村で聖火リレーをやろうと計画する。そのため、村の青年団を説得に行く。そして、あっさり却下される。

「くっだらねえ」「無駄だ無駄」「誰もやんねえべ」

そして団長である兄から「どうせもうすぐ村を出ていくんだっぺ。余計なお世話だ」と言われた。ミツオは爆(は)ぜた。腹の底から言葉を吐く。

たしがに、おれはもうすぐ村を出て行く。でも、でも、おれはこの村が、奥茨城村が、だいっ好きだ。でも出て行く。農家の三男坊だからね。おれの居場所はこの村にはねえ。生まれたときから決まってんだ

その叫びに、強い緊張感が走る。

そんなおれでも、この村が好きだ。おれみてえに、だいっ好きなのに、こごにいらんねえやつも、たくさんいる

トキコやみね子の父がそうだと説明して、ミツオの言葉は高まる。

村は、住んでる人間のためだけにあるわけじゃねえよっ!! 心の中に、ずっと村のことを思ってる人のもんでもあるはずだ

ミツオは喋りながら、泣き出す。

余計なお世話だなんて、言わねえでぐれ…(泣)…そんだこと言わねえで(泣)くれ。なあ(泣)あんちゃん、おれ(泣)こんだの初めてなんだ。生まれて初めてなんだ。(泣)もうちっとだけ、考えてくれよ」〔14話。4/18〕

見ていてひたすら泣けた。

このあと、青年団は強面のまま採用、聖火リレーは行われた。物語の本筋とはつながっていない。リレーの話はリレーの話として完結していた。なのに、心を揺さぶられた。