〔PHOTO〕gettyimages
メディア・マスコミ 国際・外交 アメリカ

アメリカの貧しい白人労働者が抱く「絶望」と「被害者意識」の正体

トランプ「移民政策」の今

「メキシコからの移民は麻薬密売人や強姦魔だ」「米墨国境に壁を作る」……ドナルド・トランプは、昨年の大統領選挙戦中から移民に関する様々な発言で注目を集めた。

トランプ政権発足から9ヵ月が経った今日、移民問題をめぐり様々な動きが起こっている。

白人労働者階級の絶望

トランプの発言が注目を集めた背景に、アメリカの人口動態の変化がある。

1960年には人口の85%を占めていた白人(中南米系を除く、以下同様)は2040年代には人口の過半数を下回ると予想されている。他方、人口が増大しているのが移民であり、とりわけ中南米系の人口は2011年の段階で人口の17%とすでに黒人(12%)を抜いている。2050年までには人口の3割に達すると予想されているのである。

2016年選挙でトランプの熱烈な支持者として注目を集めたのが、労働者階級の白人である。グローバル化は世界規模では平等化を推進したが、先進国内では格差を拡大させた。

とりわけ、先進国の中間層の地位低下が顕著であり、その全般的傾向を記した図はエレファントカーブとして注目を集めている。トランプを支持した労働者階級の白人は、社会経済的地位を低下させた中間層の典型例である。

彼らの苦悩は、45歳から54歳の年齢層の死亡率増大という形で表れている。これら働き盛りの人々の死亡率は先進国では軒並み低下しているが、アメリカの白人に限っては増大している。しかも、その死因は薬物やアルコールの過剰摂取や自殺なのである。

もちろん、貧困率や失業率という点で見れば、白人のそれは黒人やエスニック・マイノリティと比べて相対的にマシである。

だが、人口減少もあり、彼らが社会に絶望している度合いは高く、反動的行動に出ていると考えられる。彼らの日常生活を描いたヴァンスの『ヒルベリー・エレジー』は日本を含む複数の国で翻訳され、世界的に注目を集めている。

 

白人労働者階級の被害者意識

これら労働者階級の白人、とりわけ男性は、「アメリカを再び偉大にする」というスローガンを掲げたトランプを支持した。

2008年と2012年にオバマが掲げたスローガンが「希望」や「前へ」と前向きなのに対し、トランプのスローガンは後ろ向きである。このスローガンが注目を集めた背景に、歴代の民主党政権によって達成された「進歩」への反発がある。

彼らが不満を抱いている進歩の一つは、多文化主義の進展である。多文化主義とは、人種や民族の多様性を認め、その特有のアイデンティティや慣行の維持・表明を権利として積極的に認めようとする考え方である。

マイノリティの尊厳を認めようとする考え方が強くなる中で、多数派側に立つ白人とはどのような存在かが問われるようになった。

その中で、白人は生まれつき特権的地位を与えられた存在であり、他集団を無意識のうちに劣位に置いているという批判がされるようになった。白人は特権に加えて、マイノリティに対する差別という原罪を抱える存在と見なされたのである。

だが、白人ばかりの地域で生まれ育った白人は、そのような特権を実感したことはない。彼らが白人としての罪を糾弾され、また、過去の差別的慣行への補償や社会的代表性の確保という名目で積極的差別是正措置という名の「逆差別」を受ける可能性に直面するようになると、不満を募らせていったのである。

労働者階級の白人が反発を感じているもう一つの進歩に、社会福祉の拡充がある。中でも、過去の拠出に基づいて支給されるのではない公的扶助プログラムについての不満が強い。

彼らは、自活できるだけの生活費を稼いでいることを自尊心の源泉としているものの、豊かではないため、他の人を助けるために税金をとられることには反発する。

アメリカでは公的扶助受給者の大半は怠惰で働かないマイノリティだという誤解が広まっているので、彼らのために税を支払うのを拒否したくなるのである。

労働者階級の白人男性が不満を感じている進歩として、女性の社会進出をあげることもできる。主に製造業に従事している男性労働者は、常に賃金低下や失業の危機におびえている。

他方、彼らの妻が従事していることの多いサービス業は、賃金は低いものの、景気に左右されにくく、失職の可能性は低い。男性中心主義的価値観の下で育った人の中には、家庭内でのパワーバランスが崩れることに不満を感じている人もいるだろう。

労働者階級の白人の中には、社会経済的に成功している白人からは見下され、マイノリティからは逆差別を受け、家庭内での地位が低下したという、幾重もの被害者意識を持つ人が存在する。彼らが、古き良き時代への回帰を主張するトランプを支持したのである。