写真:著者提供
ライフ 仏教

坊さん、遍路を決意する。

【新連載】そして僕は四国遍路を巡る

サラリーマンだった主人公が突然お坊さんになる様子をユーモアある筆致で記したベストセラー書籍で、映画化もされた『ボクは坊さん。』。その著者にして、愛媛県今治市にある栄福寺の住職・白川密成さんの新連載をお届けします。 

栄福寺は四国霊場八十八ヵ所の第57番札所なのですが、密成さんは意外にも歩いてのお遍路参りをしたことがなかったのです。そんな密成さんの四国遍路巡りと、お坊さんとして過ごす日常をお送りします。

僕は今、遍路をはじめる

僕は今、四国遍路を巡ろうと思っている。

みなさんは、四国遍路のことを知っているだろうか?

「白装束の人が木の杖をついて歩いている……感じ」

そんな曖昧なイメージを思い浮かべた人たちが多いと思う。

「千キロ以上の道をひたすら歩いて88のお寺を巡る……。お遍路(へんろ)さんですよね」

元々、少しは興味を持っている人は、そういったいくつかの具体的な情報を持っているかも知れない。

写真:著者提供

四国遍路の札所住職である僕から見ても、この四国遍路という場所は、一種独特の場所だと思う。まず宗教的な場所のわりには若い人が比較的多い。そして最近では、国を問わず、外国人お遍路さんの姿もよく見かける。

『ニューヨークタイムズ』の「2015年に行くべき52ヵ所 – 52 Places to Go in 2015 – 」では日本の中で唯一、四国遍路が選ばれ(記事の35番目)、フランスの雑誌『フィガロ』は四国遍路の特集を数ページにわたって掲載した。日本国内でもたびたび雑誌の特集が組まれ、地元新聞は遍路の連載をし、テレビでは『クローズアップ現代』(NHK)から『世界ふしぎ発見!』(TBS)まで遍路企画が組まれる。

そしてお参りする人の数自体が、とても多い。上に挙げたメディア掲載などよりも、白衣を身につけた無数の人たちが、お寺で手を合わせて祈り、毎日、拝む。その事実のほうが、はるかに大きなことだろう。

 

僕の住職をつとめる栄福寺は、四国の農村の大きくはないお寺だが、この場所にも毎年、数万人の巡拝者が朱印帳(四国では納経帳<のうきょうちょう>と呼ぶ)を持って訪れる。そしてハイヒールの女性(未舗装の道も多いので、もちろんオススメはしない)から修行僧、山伏まで、あらゆる人がジャンルを超えて集まる不思議な場所だ。なんというか生活色の強いポップ感があるのだ。

供えられた現代の合掌仏。写真:著者提供