Photo by iStock
金融・投資・マーケット 国際・外交 イギリス

イギリス「成熟」のナゾ〜なぜいまだに世界の金が集まるのか

図太くしたたかな「ソフトパワー力」

総GDP3位の巨大ユニオン

ここ数年、イギリスという国が気になって仕方がない。その魅力は「成熟」にあるが、なかなか説明が難しい。そんな私を苛立ちから解放してくれた一冊が『ユニオンジャックの矢 大英帝国のネットワーク戦略』だ。

筆者の寺島実郎氏は、英国の真の実力はネットワーク力にある、と説く。特にロンドン、ドバイ、ベンガルール(インド)、シンガポール、シドニーが重要で、地図上で確認すると、各都市が見事に一本の線で結べるのだ。筆者はこれを「ユニオンジャックの矢」と呼ぶ。

イギリスは19世紀半ばを頂点に、第二次世界大戦での消耗、スエズ以東の軍撤退、自動車メーカーの売却などを通して衰退の一途を辿っているように映るが、実はしたたかでしぶとい。金融とエンジニアリング力というソフトパワーで、今でも世界的影響力を保持しているのだ。

 

中東のオイルマネーを吸い取るドバイ、インドのシリコンバレーと称されるベンガルール、華僑の力が集まるシンガポール、天然資源を背景に成長するシドニー。それぞれの金がロンドンのシティに流れ込み、同時に世界の開発・経済情報も収集している点が強みだ。

シティには、国際的なプロジェクトを分析し、大規模な投資を実現する下地が備わっている。この「ユニオンジャックの矢」の総GDPは、日本を抜いて第3位になるという。

さらに俯瞰して見ると、イギリス連邦52ヵ国という枠組が現れる。英語を共通語にし、英国法やスポーツを含めた文化を共有する。植民地主義など倫理的に暗い背景はあるものの、熟練の政治・社会システムのおかげで影響力を残すことに成功。筆者はこれを「引き際の魔術師」と表現する。

世界の為替取引の中心となっているシティを語る上で、忘れてはならないのがタックスヘイブンだ。“節税”を看板に掲げて投資家を誘い、英国領や英国王室属領の島々に税の抜け道をつくる。タックスヘイブンへの締め付けを強めるEUに対するシティの本音が、「ブレクジット」の原因の一つになっているという指摘が面白い。いかなる金融規制も大きな障害になるのだ。

紙幅に余裕がないため省略するが、本書はそのほかにも英国の歴史や日本との関係、今後の行く末についても具体的で分かりやすい解説が施されている。今、最もお薦めしたい一冊である。

本書にも紹介されている『イギリス紳士のユーモア』も押さえておきたい。真顔でつかれる嘘、教養をベースにした皮肉、気遣い無用の自虐。人を食ったようなイギリスのユーモアは、活字の笑いに向いている点で、小説家にとっても強力な武器となる。

宰相も笑いを愛する

イギリスの劇作家兼評論家のJ・B・プリーストリーが指摘するユーモアの四要素「皮肉を感じ取れる能力」「不条理を感じ取れる能力」「少なくとも片足は地に足が着いている程度の現実感」そして「愛情」は鋭い。

チャーチルのジョークは有名だが、私が好きなのは、彼が余命幾ばくもないときに若手新聞記者のインタビューを受けた際の切り返しだ。取材終了後、記者が言った。

「来年再びお目に書かれれば、たいへん光栄に存じます」

「君ィ、来年会えないはずがあろうか。見たところ君は健康そのものだ……、せめて来年までは生きておるじゃろう」