人生の真ん中は50代である

人間は動物である。動物は自分で餌をとるのが基本である。人間は子供の時期がものすごく長く、20歳前後までは、親に食べさせてもらっている。つまり、一人前の「人間」とは言えない。人間の自立した人生は20歳前後から始まることになる。

現在の平均寿命は、85歳前後なので、約65年間、「人間」でいることになる。そうすると「人間」としての人生の真ん中は、50歳から55歳くらいになる。これは単純な算数の問題である。

ところが日本人は50代に入ると「人生もう終わりや」と思い始める。なぜかというと定年を意識するからだ。定年は、60歳とか65歳。「もうちょっとしかない」、と思うから「人間は50代になったら下り坂やな」と、ついつい考えてしまうというわけだ。

冷静に考えたら、定年など世界のどこにもない。アングロ・サクソンの世界では、履歴書に年齢欄があるだけで「炎上」する。仕事で人を雇う時は、意欲と体力と能力だけがグローバルな評価基準。それは人によって千差万別で、その中に年齢が入り込む余地はない。

このまえ、面白い記事を読んだ。ニューヨークのある交響楽団では、団員を新規に採用する際「ブラインド・オーディション」に切り替えたという。つまり、オーディションの際、カーテンを引いて相手の顔を見ない。

それまでは、オーディションで採用すると、白人の若い男性が優先されていた。ブラインド・オーディションに切り替えると、皮膚の色も年齢もわからない。女性が増え、有色人種が増え、そして高齢者が増えた。もちろんレベルは上がった。交響楽団全体にとって、ハッピーな結果になったという。わが国の企業でも、ブラインド・オーディションの考え方を少しは取り入れてみてはどうだろうか。

人間というのは、決して賢い動物ではない。ついつい見た目で間違った判断をしてしまうのだ。この例が象徴的だが、年齢フリーで、定年を考えなければ、50歳は人生の真ん中であるというのが、素直に腹落ちすると思う。

働けば健康寿命は確実に伸びる

高齢社会への対応を考えたとき、この「人生50代が真ん中」論は大きな意味をもつ。
日本は世界で一番高齢化が進んでいる。政府も介護離職ゼロを大きなテーマとしている。では介護を減らすにはどうすればいいかというと、健康寿命を延ばすしか方法はない。

健康寿命はどうやったら延びるか、医者50人ぐらいに聞いてまわったが、答えは「働くこと」だった。つまり、「定年制の廃止が一番」ということだ。

要するに人間は働けば、健康になるのだ。定年がなくなれば、働きたい人は、いつまでも働ける。そうなれば、健康寿命が延びて介護が減る。欧米では、基本的に寝たきり老人はほとんど見られない。みんな働いたり、好きなことをやっているからだ。

このように考えれば、高齢社会というのは人類の理想ということになる。秦の始皇帝も不老長寿を目指した。わが国は、その理想を達成しつつあるともいえる。

ただ、それは元気で明るく働いて、楽しく生きてこその話だ。寝たきりが人類の理想であるはずがない。世界で一番、高齢化が進んでいる日本は、高齢社会のモデルにならなければならない。つまり始皇帝の理想を実現しなければならない。

そのためにも定年制をやめることが一番だ。健康寿命を延ばして、介護を減らすことになるので、国策そのものが実現する。