Photo by gettyimages
IT 起業

猛スピードで3兆円企業に!異色のCEOが導くAirbnb成長物語

もはやビジネスの範疇を超えている

白人優越主義者への迅速な対応

この夏アメリカで、白人優越主義者による騒動が起こった際、Airbnbが取った対応は素早かった。

“Belonging Anywhere”、すなわち「どこにでも帰属している」というミッションを掲げる同社は、2017年8月12日にバージニア州シャーロッツビルで白人優越主義者が大規模な集会を行うのに先立ち、白人優越主義者だと判別されたゲストの予約を事前にキャンセルした。

人種や宗教等の理由で利用にあたって差別が生じないよう、Airbnbユーザーに誓約を求めた規約(Airbnb Community Commitment)に違反するという理由からだった。

 

民間の家屋の部屋を旅行者に貸し出す民泊マッチングサービスであるAirbnbは、昨年(2016年)11月にこの規約を導入していた。

利用者が急速に増大していく中、たとえば白人のホストが白人以外のゲストには宿泊を認めないといった傾向を指摘する調査結果が現れるようになったためだ。

Airbnbは、ACLU(アメリカ自由人権協会)の元幹部や、オバマ政権で司法長官を務めたエリック・ホルダーの協力を得て、この規約を定めていた。

“Belonging Anywhere”とは、要するに「どこであろうが疎外感を抱くような居心地の悪い思いはしない」、つまりは「日頃慣れ親しんだ住処のようにこの場所に馴染んでいる」という感覚のことだ。

CEOであるブライアン・チェスキーは、これこそがAirbnbが実現した価値であり、同社が世界中のユーザーに支持される理由であると力説している。

ブライアン・チェスキーAirbnbの共同創業者にしてCEO、ブライアン・チェスキー氏。1981年生まれ〔PHOTO〕gettyimages

ホテル産業や旅行産業によって規格化された、お仕着せの宿泊/旅行体験とは異なり、滞在先でそこに生活する人びとたちと同じ視線からその街を眺める。そのような等身大の経験を得られることがAirbnbの魅力である。

それゆえ、ホスト(宿泊先提供者)にせよ、ゲスト(滞在者)にせよ、「寛容さ」が求められる。

何の資産も持たない、本質的にホストとゲストのマッチングサービスでしかないAirbnbからすれば、「歓待」の実現こそが存在意義であり、信頼を維持していく上での生命線となる。

創業者の一人でもあるチェスキーが迅速な対応を取ったのも当然のことであった。

Uberとの決定的な違い

実のところ、Airbnbは世界中の都市で、「住居の短期貸し」の規制を巡って市政府とやり取りを交わし、すでに地方政治と深く関わってきた。そのため、何であれ政治的事件は他人事ではない。

そんなAirbnbの「来し方行く末」を知るのに最適な著作が『Airbnb Story』だ。

創業以来、彼らがどのような経緯を経て今に至ったかが、創業者3人の具体的言葉を含めて生き生きと紹介される。

Airbnb Story

しばしばUberとともにGig EconomyやSharing Economyの旗手とみなされるAirbnbだが、その成長の歩みの様子は全く異なる。