Photo by iStock
IoT ハードウェア スマートフォン

「未来のスマホ」iPhone XでAppleはあと10年戦えるか

2つの機種を同時に発表した理由

iPhone発売から10年が経過し、アップルは岐路に立たされている。その中でアップルが選んだのは、「iPhoneをさらに10年戦える製品にすること」だった。では、アップルがそのために選んだのはどういう戦略なのか? 同社新社屋「Apple Park」で開催された発表会の様子から、それをひもといてみよう。

iPhone Xは、スマホの未来である

今秋のiPhoneは、基本的には3モデルある。「iPhone 8」(写真1)と「iPhone 8 Plus」、それに「iPhone X(テン)」(写真2)だ。

(写真1)iPhone 8。9月22日に発売になる、今年の主軸製品。無線充電を採用したため、ボディ裏面がガラスになったものの、基本デザインは同じ。
(写真2)iPhone X。表面全体が画面になり、ホームボタンが姿を消した。発売は11月3日と少し先。

この6年、秋に発売されるiPhoneがアップルの主力製品とされてきたので、来年の秋までは、これら3製品が積極的に販売されることは間違いない。

中でも注目はiPhone Xだ。アップルのティム・クックCEOは、iPhone Xを「スマートフォンの未来」と呼んだ(写真3)。理由は、iPhoneの伝統をいくつも崩した、新機軸のモデルだからだ。

(写真3)アップルのティム・クックCEO。iPhone XとiPhone 8シリーズを同時に発表。

2014年に「iPhone 6」が出てから、iPhoneは4.7インチのディスプレイを使ったスタンダードモデルと、5.5インチディスプレイを使う「Plus」系の2系統に分かれていた。iPhone 8・iPhone 8 Plusはその伝統に倣うものだ。一方、iPhone Xは完全な新モデルである。価格も11万2800円からと、iPhone 8の最廉価モデル(7万8800円)と比較した場合、3万4000円も高い。

価格以上に変わったのが操作体系だ。iPhoneには表面に「ホームボタン」があり、2013年の「iPhone 5s」以降は指紋認証機構も兼ねていた。だから、ロック解除にもアプリの起動にも、まずホームボタンを押すのが基本であり、丸いボタンがデザイン上のアイデンティティでもあった。

しかし、iPhone Xにはホームボタンがない。ボディの縁ギリギリまでディスプレイになり、ホームボタンがあった場所や上下のスペースの分までディスプレイが広がっている。より縦長になったことで、ディスプレイのサイズは都合「5.8インチ」になり、iPhone 8 Plusより大きくなっている。しかし横幅は70.9mmで、iPhone 8 Plus(78.1mm)より狭く、iPhone 8(67.3mm)より少し広いだけだ。

 

ホームボタンで行っていた操作は、「画面を下から上へタッチする」操作に変わる。指紋認証もなくなり、代わりに「顔認証」が追加された。これまでは「ホームボタンを押して、指紋認証ののちロックを外す」という操作だったものが、「顔をiPhone Xに向け、画面を下から上へタッチ」に変わることになる。アプリの切り換えも、設定の呼び出しも、操作が微妙に変化する。