Photo by iStock
北朝鮮

ミサイルの次に日本を狙っている北朝鮮の「究極ローテク兵器」

防衛省関係者が本気で心配

ICBMや核以外に心配されている「兵器」

北朝鮮は9月12日に出された国連安保理の制裁決議に反発し、これを「峻烈に断罪、糾弾し、全面排撃する」とした。さらに北朝鮮の在ジュネーブ大使は国連の軍縮会議でアメリカに「最大の苦痛」を与えるなどと発言したとされた。

その言葉通りというべきか、9月15日朝、またしても北海道・襟裳岬の東方2000キロの海上に向けて、弾道ミサイルとみられるものを発射したのだ。毎度のことながら、北朝鮮の挑発のエスカレートはとどまるところを知らない。

ではこのあと、北朝鮮はさらに、どんな軍事行動に出る可能性があるのだろうか。ICBM、すなわち大陸間弾道ミサイルや水爆実験のニュースが連日のように報道されているため、「核を積んだミサイルが日本を飛び越えるのではなく、標的にしてきたら……」といった不安を感じている方は多いだろう。たしかに、それも「過剰な心配」とは言えなくなってきた。

 

だがおさえておきたいのは、基本的にICBMやSLBM(潜水艦発射弾頭ミサイル)などは、アメリカを挑発(あるいは実際に攻撃)するためのもので、日本を標的にするならば、北朝鮮がすでに300発以上保有していると言われる中距離ミサイル、ノドンやスカッドで十分だということだ。

私の取材では、こうしたミサイル以外にも、一部の防衛省関係者がいま、真剣に心配している「北の攻撃方法」があるという。

なんと、それは「風船爆弾」だというのだ。

風船爆弾とは、第2次大戦中、旧日本陸軍が実際に使用した兵器である。昭和19年11月3日からの約半年間に、陸軍は爆弾を取り付けた気球を約9300発、飛ばした。一部の風船爆弾は偏西風のジェット気流に乗って太平洋を横断した。アメリカ側の記録によれば、285発がアメリカ本土に到達し、その飛行距離は8000キロに達していた。

実際の風船爆弾北米に到達した旧日本軍の風船爆弾を撮影した唯一の写真とされるもの(Photo by Tronto Star Archives / Getty Images)
拡大画像表示

旧軍では「ふ号兵器」と呼ばれた、いま聞くと冗談のようなローテク、ローコストの兵器によって、米国内では民間人6人が死亡している。戦時中アメリカ国内では、日本軍の風船爆弾について厳しい箝口令が布かれ、被害は発表されなかった。一般国民を恐怖に陥れる風船爆弾の心理的効果を、米軍がそれだけ危惧していたということだ。

余談だが、風船爆弾を回収した米軍は、そこに使われていた接着剤の正体が何なのか戦後まで解明できなかったが、実はこんにゃくだったというエピソードもある。